JAMA 一般社団法人日本自動車工業会Englishヘルプサイトマップ 
自工会の概要リリース/会見データファイルライブラリー
ホーム > クルマと情報化 > ITインフラに関する標準化活動 > JNXにおける通信アプリケーションPC/WEBガイドライン
 
 

JNXにおける通信アプリケーションPC/WEBガイドライン

2000年10月にサービスが開始された、自動車業界の共通ネットワークであるJNXを利用することにより、複数の"OEM*1"〜"サプライヤ*2"の間で多重に構成されていた物理的な回線は、整理統合される方途が示された。
然るに、OEMの提供する通信アプリケーションは多種・各様であり、サプライヤには取引を行なう相手ごとに、また場合によっては単一OEMであっても通信アプリケーションごとに、端末機(=PC/サーバ)が必要という現象が生じている。
(『ガイドライン制定に至る考え方』冒頭より)

*1 OEM:(Original Equipment Manufacturing)通常は取引先の商標で販売される製品の受注生産を指すが、本文中では自動車・建機・農機等の最終組み立てメーカーを指す。
*2 サプライヤ: 上記OEMへ各種部品を供給するメーカーを指す。

(提供データ一覧)
ダウンロードしたいファイルのダウンロード欄チェックボックスをチェックして、ページ下部の「次へ」ボタンをクリックしてください。

ダウンロード 項目
ガイドライン制定に至る考え方 (PDF)
JNXにおける通信アプリケーションPC/WEBガイドライン (PDF)