JAMA 社団法人日本自動車工業会Englishヘルプサイトマップ 
自工会の概要リリース/会見データファイルライブラリー
ホーム > クルマと情報化 > デジタルエンジニアリングに関する標準化活動 > CAxデータ変換における同一性検証ガイドライン
 
 

CAxデータ変換における同一性検証ガイドライン

3D図面を正として扱う運用が展開、拡大してくると、3D図面をビューア形式でデータ流通させたり、3D図面の長期保管においてはビューア形式や中間形式により保管することが視野に入ってきた。このように作成されたCADからそれ以外の形式に変換されたデータの流通、長期保管を実業務に適用するためには、変換データと元データの同一性の保証が非常に重要になってきた。

そこで、CAx間のデータ変換前後における再現性や再利用性の保証に貢献できるように、同一性とは何かを定義しどのように検証するかを具体化し、業界共通のガイドライン(推奨)として策定した。


JAMA/JAPIA CAxデータ変換における同一性検証ガイドライン V1.0
3D図面の活用、流通、長期保管において、データ変換プロセスが必要となるが、その変換前後での同一性検証方法を記載したガイドライン
(2014年9月1日作成、9月29日公開)
ダウンロード 項目
CAxデータ変換における同一性検証ガイドライン V1.0 NEW