JAMA 一般社団法人日本自動車工業会Englishヘルプサイトマップ   
自工会の概要リリース/会見データファイルライブラリー
ホーム > こどものページ > 小学生のためのよくわかる自動車百科 > 一人ひとりが交通安全の主役
もっと安全・快適かいてきなクルマ社会へ

一人ひとりが交通安全の主役

交通事故を防ぐために、いろいろな対応をしているんだよ。交通事故じこふせぐためには、ドライバーはもちろん、クルマに乗るすべての人、歩行者、オートバイや自転車に乗る人など、クルマ社会で生きる一人ひとりが安全について考え、ルールを守って正しく行動することが何よりも大切です。また、安全せいが高いクルマの開発や、事故じこが起きにくい安全な道や設備せつびをつくることも、たいへん重要です。

交通安全のための対策(たいさく)

事故(じこ)が起きる3つの要素(ようそ)

交通事故じこクルマ道路環境かんきょうという3つの要素ようそが、さまざまに組み合わさって起きるといわれています。もう少しくわしく説明すると、[1]クルマを運転する人や歩行者の意識いしきや行動、[2]クルマそのものの特性とくせい構造こうぞう、[3]道路の状態じょうたいや自然条件じょうけんなどが、事故じこ原因げんいんとなります。人がどんなに安全な運転をしていても、クルマと道路が原因げんいん事故じこが起きてしまう場合もあるのです。ですから、この3つの要素ようそ全体について、しっかりとした取り組みを行う必要があります。

図

3つの要素(ようそ)への対応(たいおう)

自動車業界では、より安全で快適かいてきなクルマ社会の実現じつげんに向けて、クルマそのものが事故じこふせぐような技術ぎじゅつを研究し、開発を進めています。現在げんざいではいろいろな技術ぎじゅつが生まれ、大きな効果こうかを上げています。人や道路環境かんきょうについても、交通安全を推進すいしんする機関や団体だんたい、関係省庁しょうちょうと協力し合い、いろいろな取り組みを行っています。また、起きてしまった事故じこ原因げんいん調査ちょうさしたり分析ぶんせきしたりすることも、事故じこらすことに役立つので、その支援しえんにも力を注いでいます。

図

みんなが気をつけると、ふせげる事故じこがあります。

イラストスライドドアなどで、指をはさまないよう注意しましょう。

イラスト後部座席ざせきでもわすれずにシートベルトをしめましょう。事故じこにあったときに身を守ってくれます。

3つの要素(ようそ)と3つの安全

交通事故じこふせいだり、事故じこが発生した場合に、その被害ひがいを少しでも軽くするには、[1]予防よぼう安全(事故じこを起こさないための対策たいさく)、[2]衝突しょうとつ時安全(事故じこが起きた瞬間しゅんかん被害ひがいを軽くする対策たいさく)、[3]衝突しょうとつ後安全(事故じこ発生後のすばやい救助体制たいせい)という3つの安全から考えて、それぞれに最適さいてき対策たいさくを取ることが大切です。

事故(じこ)の実態(じったい)に合わせた交通安全活動

イラスト交通安全活動をより効果的こうかてきなものにするためには、事故じこ調査分析ちょうさぶんせきをしっかり行い、事故じこ実態じったいを正しくつかみ、その実態じったいに合わせた活動を進めることが大切です。そして現在げんざい、[1]人への安全教育、[2]安全性の高いクルマの開発、[3]道路環境かんきょう改善かいぜんという「事故じこが起きる3つの要素ようそ」への対策たいさくが進んだことにより、交通事故じこによる死者や負傷者ふしょうしゃの数はってきています。さらに自動車業界では事故防止じこぼうしのために、参加体験型の講習会こうしゅうかいを各地で開催かいさいしています。

道路環境(かんきょう)への取り組み

道路環境(かんきょう)の整備(せいび)・改良

道路環境かんきょうには、道幅みちはば視界しかい、路面状況じょうきょう、交通量、信号やガードレールなどといった安全設備せつびがあります。また、大雨や大雪、台風などといった自然災害さいがいへのそなえもふくまれます。そのような道路環境かんきょう整備せいび改善かいぜんは、事故じこを未然にふせぎ、事故じこ被害ひがいを少しでも軽くするための重要なポイントです。自動車業界は、道路環境かんきょうについても調査ちょうさ分析ぶんせきを行い、関係省庁かんけいしょうちょうなどに対して整備せいび改善かいぜんを進めるよう、さまざまな提言ていげんをしています。

イラスト

まえのページへ 4/11 つぎのページへ
目次へもどる
Copyright (C) Japan Automobile Manufacturers Association, Inc.