JAMA 一般社団法人日本自動車工業会Englishヘルプサイトマップ   
自工会の概要リリース/会見デー
タファイルライブラリー
ホーム > クルマと環境 > 燃料品質に関する提言 > バイオ燃料の品質とその使用に関するJAMAポジションステートメント
 
 

バイオ燃料の品質とその使用に関するJAMAポジションステートメント

地球温暖化防止(CO2削減)やエネルギーセキュリティーの観点から、世界的にバイオ燃料の導入が促進されています。
しかし、バイオ燃料の使用に当たっては不具合を起こさないよう、自動車用燃料としての品質を十分確保し、ユーザーに迷惑がかからないようにすることが重要です。
日本自動車工業会は、米国自工会(AAM)、欧州自工会(ACEA)および、米国エンジン工業会(EMA)と共同で2009年3月にバイオ燃料品質に関する「WWFC(世界燃料憲章)バイオ燃料ガイドライン」を発行しました。このガイドラインでは、バイオエタノールとバイオディーゼル(FAME)の推奨燃料規格を提示するとともに、その製造・混合・流通などの過程における品質管理の重要性について言及しており、このガイドラインを元に、東南アジア地域の温暖な気候やバイオ燃料資源の特徴などを考慮した、JAMA Position Statementを同年10月に発行致しました。
2009年以降、東南アジア各国ではバイオディーゼルの混合濃度を上げる検討が活発化しています。そこで、日本自動車工業会にて高濃度バイオ軽油の使用条件を検討してきた結果、JARIでの委託研究により科学的な知見が得られたことから、従来のJAMA Position Statementを維持したうえで、「高濃度バイオディーゼル燃料を販売する場合は従来燃料も併売すること(プロテクショングレードの確保)」、「ユーザーに対して、市販軽油に高濃度のバイオディーゼルが混合されていることおよび、その影響が発生する可能性があることについての正しい情報を発信すること(ユーザーへの啓発)」、「原料油、混合濃度、排ガス要件などJAMAが推奨する条件を満足すること(必要条件)」等を満たす場合に限り、20%までのバイオディーゼルの混合使用(B20)を否定しないとするPosition Statementを2016年12月に追加し、発行致しました。
日本自動車工業会は、地球温暖化防止とユーザーの利便性の両立を目指し、これからもバイオ燃料品質および、その使用に関して理解活動を進めてまいります。


Adobe ReaderPDF(Portable Document Format)形式のファイルを閲覧するには、Adobe Readerのインストールが必要になる場合があります。Adobe ReaderのダウンロードはGet Adobe Readerロゴをクリックして下さい。

 
Copyright (C) Japan Automobile Manufacturers Association, Inc.