JAMA 一般社団法人日本自動車工業会Englishヘルプサイトマップ   
自工会の概要リリース/会見デー
タファイルライブラリー
ホーム > クルマと環境 > 燃料品質に関する提言 > WWFC(世界燃料憲章)バイオ燃料ガイドライン案
 
 

WWFC(Worldwide Fuel Charter;世界燃料憲章)バイオ燃料ガイドライン

(社)日本自動車工業会は、このたび米国自工会(AAM)、欧州自工会(ACEA)および米国エンジン工業会(EMA)と共同でWWFCバイオ燃料ガイドラインを発行した。
 バイオ燃料は、地球温暖化対策の一環として、また、自動車用燃料の多様化を目的として世界的に利・活用が進められており、自動車業界もバイオ燃料の利・活用に賛同し、自動車の対応を進めている。バイオ燃料の利・活用として、一般にバイオエタノールをガソリンに混合したり、各種油脂を脂肪酸メチルエステル化して軽油に混合使用されるが、自動車の燃料系統や排出ガスへの悪影響を防止するためには、バイオ燃料の品質確保が必要である。そこで、日米欧の自動車業界として自動車製造者の立場から、望ましいバイオ燃料品質について議論を重ね、この度のバイオ燃料ガイドライン発行となった。
このガイドラインは、ガソリンに10%まで混合するためのバイオエタノール(E100)と、軽油に5%まで混合するためのFAME:脂肪酸メチルエステル(B100)の推奨規格であり、様々な市場における燃料品質が統一されることを期待する。

<バイオエタノールおよびバイオディーゼル燃料ガイドライン>

*なお、パブコメ募集に対して寄せられたコメントへの回答は次の通りです。

 


Adobe ReaderPDF(Portable Document Format)形式のファイルを閲覧するには、Adobe Readerのインストールが必要になる場合があります。Adobe ReaderのダウンロードはGet Adobe Readerロゴをクリックして下さい。

 
Copyright (C) Japan Automobile Manufacturers Association, Inc.