JAMA 一般社団法人日本自動車工業会Englishヘルプサイトマップ   
自工会の概要リリース/会見データファイルライブラリー
ホーム > 日本の自動車産業 > 四輪車 > 四輪車・生産
 
 

四輪車・生産

3年ぶりに増加した四輪車生産台数

2017年の四輪車生産台数は、前年より5.3%増加して969万台となり、3年ぶりに増加しました。乗用車は前年より6.0%増加して834万8千台となり、うち普通車は3.0%増の514万7千台、小型四輪車は6.5%増の171万6千台、軽四輪車は17.5%増の148万5千台でした。トラックは前年より1.6%増加して122万台、バスは前年より5.1%減少して12万3千台でした。

<資料>

 

四輪車・販売

3年ぶりに増加した四輪車販売台数

2017年の四輪車新車販売台数は、前年より5.3%増加して523万4千台となりました。乗用車は前年より5.8%増加して438万6千台となり、うち普通車は3.9%増の154万8千台、小型四輪車は6.4%増の139万5千台、軽四輪車は7.3%増の144万3千台でした。また、トラックは前年より3.0%増加して83万2千台、バスは前年より0.6%増加して1万6千台となりました。

 

<資料>

 

2年連続で増加した輸入車販売台数

2017年の四輪輸入車販売台数は、前年より2.1%増加して35万1千台でした。乗用車は前年より1.8%増加して33万3千台、商用車(トラック・バス)は前年より9.4%増加して1万8千台となりました。また、輸入中古車販売台数は、前年より5.4%増加して56万台となり、うち乗用車は前年より5.6%増加して54万1千台、トラックは前年より1.6%増加して1万6千台となりました。

 

<資料>

 

5年ぶりに増加した中古車販売台数

2017年の四輪中古車販売台数は、前年より2.7%増加して693万8千台となりました。乗用車は前年より3.4%増加して580万7千台となり、うち普通車が4.3%増の180万3千台、小型四輪車が1.5%増の158万9千台、軽四輪車が4.0%増の241万5千台となりました。トラックは前年より0.8%減少して104万2千台、バスは前年より1.0%減少して1万3千台となりました。

 

<資料>

 

四輪車 保有・普及率

増加する四輪車の保有台数

2017年12月末現在の四輪車保有台数は、前年より0.4%増加して7,807万8千台となりました。乗用車は、前年より0.7%増加して6,180万3千台でした。そのうち普通車が2.4%増の1,880万台、小型四輪車が1.7%減の2,084万3千台、軽四輪車が1.4%増の2,216万1千台でした。トラックは0.6%減少して1,432万1千台、バスは0.5%増加して23万3千台でした。自動車の平均使用年数(2017年3月末)は、乗用車が12.91年、トラックが14.37年、バスが17.39年となっています。

 

<資料>

 

四輪車・輸出

3年連続で増加した四輪車輸出台数

2017年の四輪車輸出台数は470万6千台となりました。乗用車は前年より2.4%増加して421万8千台、一方トラックは36万8千台、バスは11万9千台となりました。

<資料>

 

大洋州、中南米、欧州、アジア、北米向けが増加した四輪車輸出台数

2017年の四輪車輸出台数を仕向地別で見ると、大洋州向け(43万4千台)、中南米向け(32万台)、欧州向け(86万5千台)、アジア向け(60万1千台)、北米向け(192万5千台)は前年より増加しましたが、アフリカ向け(10万9千台)、中近東向け(44万4千台)は前年より減少しました。

<資料>

 
Copyright (C) Japan Automobile Manufacturers Association, Inc.