JAMA 一般社団法人日本自動車工業会Englishヘルプサイトマップ   
自工会の概要リリース/会見データファイルライブラリー
ホーム > 自工会の概要 > 事業内容 > さらなる安全を積極的に推進
 
 

さらなる安全を積極的に推進

自工会は、「安全」を最重要課題のひとつとし、車両安全装備の装着率向上、さらには、自動運転技術の開発普及を図るとともに、事故調査分析、試験法開発、シミュレーション技術開発などの安全基盤技術開発に取り組んでいます。また、交通安全キャンペーンの実施や、安全運転実技講習会など、交通事故低減のための様々な取り組みを継続して行っています。

  • 車両安全装備の充実
    交通事故死者数減少や事故による傷害軽減に寄与するためには、自動車の安全対策の採用率を高めることが必要です。このため自動車メーカー各社は、衝突時の安全対策や事故回避のための予防安全装備の充実を図るなど、車両安全装備の開発・普及を進めています。

  • 自動運転技術の開発・普及
    事故ゼロ・渋滞ゼロ・自由な移動と効率的な物流の実現を目標として、二輪車、自転車、歩行者を含む全ての交通参加者に自動運転技術を役立てていくために、その開発と普及を積極的に推進していきます。

  • 広報啓発活動ならびに運転講習会の実施
    自工会では、政府による「全国交通安全運動」に連動・協力する形で、毎年春・秋に「交通安全キャンペーン」を展開し、四輪ドライバーに向けては後席シートベルトの着用促進や夕方早めのヘッドライト点灯、二輪ライダーに向けてはヘルメットの正しい着用促進、また高齢歩行者に対しては反射材の着用など、交通事故の実態に即したテーマで交通安全を呼びかける広報啓発活動を行っています。また、実践的な参加体験型の安全運転実技講習会として「セーフティー・トレーニング」や「シニアドライバーズスクール」を JAF(日本自動車連盟)や、全日本交通安全協会と共同で開催しています。

  • 独自の交通安全教育プログラムの開発・提供
    事故率の高い免許取得直後の若年層の交通安全に向けて、高校生年代を対象とした免許取得前教育プログラムとし、グループディスカッションを主体とする交通安全研修会を各高等学校で実施いただくことに取り組んでいます。


  • 交通安全の確保に向けた道路環境
    道路環境の整備が交通安全の確保に果たす役割が大きいことから、事故多発地点の解消などを目的としたインフラ協調型安全運転支援システムの普及をはじめ、生活道での交通安全対策の充実や信号機・道路標識の高度化等、道路環境の整備促進のための提言活動を行っています。
 
Copyright (C) Japan Automobile Manufacturers Association, Inc.