自工会について

日本自動車工業会(略称:自工会)は、1967年に前身である自動車工業会と日本小型自動車工業会との合併により、乗用車、トラック、バス、二輪車など国内において自動車を生産するメーカーを会員として設立され、自動車メーカー14社によって構成されています。
2002年5月には自動車工業振興会、自動車産業経営者連盟と統合、2010年4月には社団法人から一般社団法人へ移行し、現在に至っております。

自動車産業は、生産・販売・整備・輸送など広範な関連産業を持つ総合産業であり、直接・間接に従事する就業人口は我が国の全就業人口の約8%、製造品出荷額は全製造業の製造品出荷額の約18%、機械工業の約40%を占めるなど、日本の経済を支える基幹産業のひとつとして重要な地位を占めています。
さらに、近年自動車産業のグローバル化が加速する中、世界各国の社会・経済の発展にも大きく貢献しています。

自工会は、我が国の自動車産業の健全な発達を図り、もって経済の発展と国民生活の向上に寄与することを目的に活動しております。自動車産業の動向が与える影響がますます大きくなりつつある今日、従来にも増して当会の役割と使命を自覚し、豊かなクルマ社会の実現に向けて積極的に取り組んでまいります。

  • 概要

    正式名称、所在地、事業内容等の概要情報。

  • 沿革

    自工会は1967年、自動車工業会と日本小型自動車工業会との合併により、自動車製造メーカーの団体として設立されました。

  • 役員

    一般社団法人 日本自動車工業会役員名簿。

  • 組織

    自工会委員会組織、自工会事務局組織、海外事務所の情報。

  • 事業内容

    自工会事業内容のご説明。

  • 業務および財務に関する資料

    定款・役員名簿・社員名簿・事業報告書・事業計画書等。

  • 決算公告

    決算公告、貸借対照表。

  • 採用情報

    現在は、募集をしておりません。

  • 地図

    日本自動車工業会事務所へのアクセスマップ。

▲PAGE TOP