JAMA 一般社団法人日本自動車工業会Englishヘルプサイトマップ   
自工会の概要リリース/会見データファイルライブラリー
ホーム > モーターサイクル > 高速道路も二人乗りOK! > 互いを尊重しあう交通社会
 
 
■ トップ ■ 互いを尊重しあう交通社会 ■ 二人乗りできる条件
  ■ 二人乗りのテクニック ■ 広がるツーリングの楽しさ

Good Highway Manner

互いを尊重しあう交通社会
広めよう!
バイクとクルマのいい関係

二人乗りの楽しさが広がるぶん、バイクへの社会的理解もますます求められます。ライダーのみなさん、高速道路でもドライバーの視線を意識したスマートな二人乗りを心がけてください。後ろに乗る人にも、まわりのクルマにも、思いやりのある運転をお願いします。

ライダーへ
クルマをびっくりさせない走り方を!
クルマからバイクの存在がわかっていると、ドライバーは安心して道を譲るゆとりが生まれます。クルマの死角に入ったり、後ろから急に追い抜くなど、ドライバーをびっくりさせるような運転は厳禁です。ライダーは、つねに自分の存在が認知されるような走り方を心がけましょう。
イラスト
ドライバーへ
バイクとの車間距離は十分に!
高速で走行しているバイクは、敏捷性が低下しています。また、バイクは小さく見えてしまうため遠くにいるように感じます。車間距離は十分にとることが必要です。

追い抜くときも余裕をもって
スリムなバイクだからといって、クルマがそのすぐわきを追い抜いたりするのはたいへん危険です。バイクにも、クルマ1台分の車体と同じくらいの幅があるものと考えて、余裕をもった運転を心がけてください。
イラスト

クルマもバイクも思いやり2倍。Copyright (C) 2005 JAMA

← 前へ 2/5 次へ →

 
Copyright (C) Japan Automobile Manufacturers Association, Inc.