JAMA 一般社団法人日本自動車工業会Englishヘルプサイトマップ   
自工会の概要リリース/会見データファイルライブラリー
ホーム > クルマと安全 > 安全対策 > 車両安全装備の充実 > 表4:乗用車の車両安全装備実施状況(2015年)

表4:乗用車の車両安全装備実施状況(2015年)

表4:乗用車の車両安全装備実施状況(2015年)

(1)「車両接近通報装置」は、ハイブリッド自動車、電気自動車などを対象としたもので、対象車種数は99車種、生産台数は1,745,375台。(2)「後席中央3点式シートベルト」の装着状況は、軽自動車、2シーター車、乗車定員4名の自動車など後席中央席のないものを除いたもので、対象車種数は159車種、生産台数は3,114,126台。
注:1.車種数は、通称名単位で計上する。 2.装着車種数は、標準またはオプション設定されている数を記載し、( )内には標準設定の数を内数で記載する。 3.台数は国内向け生産台数とする。
4.対象車は軽自動車を含む乗用車(3、5ナンバー車)。 5.2015年調査において乗用車の区分を変更しているため、2014年以前の集計と相違がある。

日本自動車工業会調

──────

← 「車両安全装備の充実」に戻る

Copyright (C) Japan Automobile Manufacturers Association, Inc.