JAMA 一般社団法人日本自動車工業会Englishヘルプサイトマップ   
自工会の概要リリース/会見データファイルライブラリー
ホーム > データファイル > 需要見通し > 2011暦年(平成23暦年)自動車国内需要見通し

四輪車二輪車2010年度二輪車国内需要見通しの修正について

2011暦年(平成23暦年)自動車国内需要見通し

●2010.12.17 表 2011暦年 (平成23暦年) 自動車国内需要見通し
●2010.12.17 表 自動車需要台数推移

I.四輪車

1.四輪車総需要の動向

  1. 2010年の四輪車総需要は 4,956千台・前年比107.5%になるものと見込まれる。
    内訳は、登録車が3,238千台・前年比110.8 %、軽四輪車が1,718千台・前年比101.8 %。
    年前半は、景気の緩やかな回復に加え、エコカー減税・補助金による需要喚起により市場は大きく回復。
    年後半は、秋以降の急速な円高等により景気が踊り場を迎えていることに加え、9月初旬に終了した補助金の効果剥落により市場は前年を下回るものの、通年では前年超えを見込む。

  2. 2011年については、エコカー減税は継続するも、景気に対する不透明感と、補助金終了に伴う反動減から、四輪車総需要は4,465千台・前年比90.1%が見込まれる。

    うち、登録車は2,808千台・前年比86.7%、軽四輪車は1,657千台・前年比96.4 %。

2.普通・小型四輪乗用車

  1. 2010年の普通・小型四輪乗用車需要は 2,938千台・前年比111.3 %になるものと見込まれる。これは、エコカー減税・補助金による需要の押し上げ効果が大きかったことによる。

  2. 2011年については、補助金終了に伴う反動減から2,523千台・前年比85.9 %と前年を下回ると見込まれる。

3.軽四輪乗用車

  1. 2010年の軽四輪乗用車需要は 1,280千台・前年比99.7 %になるものと見込まれる。
    エコカー減税・補助金による需要喚起の効果があったものの、秋以降、景気回復が遅れ、前年並みにとどまる。

  2. 2011年については、景気の先行き不透明感から、1,259千台・前年比98.4 %と前年を下回ると見込まれる。

4.普通トラック

  1. 2010年の普通トラック需要は、101千台・前年比115.2 %になるものと見込まれる。
    秋以降、景気回復に遅れはあるものの、年前半での物流量や企業収益の改善、エコカー減税・補助金による需要喚起によって、通年では前年超えを見込む。

    うち大中型トラック需要は49千台・前年比122.1 %。

  2. 2011年については、景気に先行き不透明感がある中、年初の補正予算による営業車を対象とした補助金はあるものの、その後の反動減から、99千台・前年比98.0 %になるものと見込まれる。

    うち大中型トラック需要は48千台・前年比98.0 %。

5.小型四輪トラック

  1. 2010年の小型四輪トラック需要は、186千台・前年比103.0 %になるものと見込まれる。
    普通トラック同様、エコカー減税・補助金による需要喚起も見られ、前年を上回る見込み。

  2. 2011年については、景気の先行き不透明感から、174千台・前年比93.7 %になるものと見込まれる。

6.軽四輪トラック

  1. 2010年の軽四輪トラック需要は 438千台・前年比108.2%になるものと見込まれる。
    これは、主要ユーザーである小規模商店や農家などが減少する構造的要因があるものの、補助金により代替需要が増加したことによる。

  2. 2011年については、構造的要因の継続により、398千台・前年比90.9 %と見込まれる。

7.大型バス

  1. 2010年の大型バス需要は、底堅い代替需要に加え、エコカー減税・補助金による需要喚起もあり路線バス中心に増加し、4.8千台・前年比113.4 %になるものと見込まれる。

  2. 2011年については、輸送人員伸び悩みの構造的要因に加え、補助金終了に伴う反動減から4.0千台・前年比83.3 %になるものと見込まれる。

8.小型バス

  1. 2010年の小型バス需要は、景気回復の遅れから代替需要が減少し、7.9千台・前年比94.7 %になるものと見込まれる。

  2. 2011年については、景気の先行き不透明感から、7.7千台・前年比97.5 %になることが見込まれる。


II.二輪車

1.二輪車総需要の動向
国内の二輪車市場は、若年人口の減少や消費志向の変化により長期的な減少が続いている。更に景気の不透明感もあり、加えて排出ガス規制対応による車両価格の上昇や、都市部における慢性的な駐車場不足などのマイナス要因も早期に解消されないことが影響し、ニューモデル効果によるプラス要因はあるものの、引き続き減少傾向が続くものと予測される。このような背景のもと、

  1. 2010年の二輪車国内総需要は、419千台・前年比96.7%と見込まれる。
    これは、原付第一種、軽二輪車、小型二輪車で前年を下回ったことによる。

  2. 2011年については、原付第二種の需要が堅調に推移するものの、原付第一種、軽二輪車、小型二輪車の需要が前年を若干下回るため、二輪車国内総需要は、409千台・前年比97.6%と見込まれる。

2.原付第一種

  1. 2010年の原付第一種の需要は、228千台・前年比89.2%と見込まれる。
    これは、排出ガス規制対応による車両価格上昇の影響で買い控えが引き続くことにより、需要が減少した。

  2. 2011年については、先行き不透明感から依然として買い控えが続くことが予測されるため、216千台・前年比94.7%と見込まれる。

3.原付第二種

  1. 2010年の原付第二種の需要は、96千台・前年比145.7%と見込まれる。
    これは、ニューモデル効果が消費マインドを強く刺激したことにより需要が大きく伸びたため。

  2. 2011年については、前年からのニューモデル効果がプラス要因となり、103千台・前年比107.3%と見込まれる。

4.軽二輪車

  1. 2010年の軽二輪車の需要は、37千台・前年比76.9%と見込まれる。
    これは、若年層の購買力の低下と、主に都市部でのスクーター離れが依然として続いていることにより、需要が大きく減少した。

  2. 2011年については、若年層を中心に雇用・所得環境は引き続き厳しいことから34千台・前年比91.9%と見込まれる。

5.小型二輪車

  1. 2010年の小型二輪車の需要は、58千台・前年比91.0%と見込まれる。
    これは、需要の中心である中高年層の雇用・所得環境も厳しいことが消費マインドに影響し、需要が減少した。

  2. 2011年については、ニューモデル効果も期待できるものの、依然として雇用・所得環境に対する先行き不安感等もあり、56千台・前年比96.6%と見込まれる。

以 上

《2010年度二輪車国内需要見通しの修正について》

 今般、2010年3月18日に策定・公表した『2010年度二輪車国内需要見通し』の見直しを行い、以下のとおり修正することとした。

修正見通し 415,000台  (対前年度比 97.7%)
  当初見通し   384,000台  (対前年度比 90.4%)

■主な要因
原付第二種は、各社から発売された新型車が好調に推移し、ニューモデル効果が想定以上あり、また法人需要の増加も重なったため。

<2010年度二輪車国内需要見通し修正結果>

単位:台
 

2009年度
実績
A

2010年度
当初見通し
B

2010年度
修正見通し
C

対前年度比(%)

2010年度
当初見通し
B/A

2010年度
修正見通し
C/A

原付第一種

239,144

210,000

220,000

87.8

92.0

原付第二種以上

原付第二種

78,020

79,000

99,000

101.3

126.9

軽二輪車

45,801

38,000

37,000

83.0

80.8

小型二輪車

62,021

57,000

59,000

91.9

95.1

185,842

174,000

195,000

93.6

104.9

 

合  計

424,986

384,000

415,000

90.4

97.7

以 上

──────

Copyright (C) Japan Automobile Manufacturers Association, Inc.