JAMA 一般社団法人日本自動車工業会 Englishヘルプサイトマップ    
自工会の概要リリース/会見データファイルライブラリー
ホーム > データファイル > 統計速報 > 生産 > 2002年7月の自動車生産実績

2002年7月の自動車生産実績

四輪車
 7月の四輪車生産台数は928,745台で、 前年同月の883,962台に比べ44,783台・5.1%の増加となり、2カ月ぶりに前年同月を上回った。
 乗用車の生産は772,036台で前年同月比5.1%の増加となり、2カ月ぶりのプラス、トラックは150,906台で同4.8%の増加となり、2カ月連続のプラス、バスは5,803台で同12.3%の増加となり、2カ月ぶりのプラスとなった。

 7月の車種別生産台数と前年同月比は次のとおり。

  • 乗用車− 772,036台で37,288台・5.1%の増加。
    このうち普通車は330,174台で8,609台・2.7%の増加、小型四輪車は329,716台で20,327台・6.6%の増加、軽四輪車は112,146台で8,352台・8.0%の増加。
  • トラック−150,906台で6,858台・4.8%の増加。
      このうち普通車は70,718台で15,656台・28.4%の増加、小型四輪車は35,339台で5,359台・13.2%の減少、軽四輪車は44,849台で3,439台・7.1%の減少。
  • バス− 5,803台で637台・12.3%の増加。
     このうち大型は1,085台で87台・8.7%の増加、小型は4,718台で550台・13.2%の増加。

 7月の国内需要は526,712台で前年同月比4.1%の減少であった。 (うち乗用車403,141台で前年同月比0.5%の減少、トラック122,218台で 同14.5%の減少、バスは1,353台で同6.8%の減少。)

 輸出は前年同月比115%弱。(推定)

 また、1〜7月の生産累計は5,984,911台で、前年同期の5,833,923台に比べ150,988台・2.6%の増加であった。
 このうち乗用車は5,018,840台で169,033台・前年同期比3.5%の増加、トラックは929,127台で20,813台・同2.2%の減少、バスは36,944台で2,768台・同8.1%の増加であった。

●2002.8.29 2002年7月分四輪車生産実績速報

二輪車
 7月の二輪車生産台数は186,480台で、前年同月の210,631台に比べ24,151台・11.5%の減少となり、12カ月連続で前年同月を下回った。

 7月の車種別生産台数と前年同月比は次のとおり。

  • 原付第一種 − 52,501台で  8,388台・ 13.8%の減少。
  • 原付第二種 − 58,264台で 11,803台・ 16.8%の減少。
  • 軽二輪車 − 29,365台で  654台・ 2.2%の減少。
  • 小型二輪車 − 46,350台で  3,306台・ 6.7%の減少。

 7月の国内需要(出荷)は61,945台で、前年同月比10.5%の減少となった。(うち原付第一種39,691台で前年同月比13.5%の減少、原付第二種7,447台で同6.9%の減少、軽二輪車9,594台で同0.8%の減少、小型二輪車5,213台で同6.9%の減少。)

 輸出は前年同月比105%弱。(推定)

 また、1〜7月の生産累計は1,223,973台で、前年同期の1,395,430台に比べ171,457台・12.3%の減少であった。
 このうち原付第一種は359,848台で39,814台・前年同期比10.0%の減少、原付第二種は295,728台で39,177台・同11.7%の減少、軽二輪車は147,552台で714台・同0.5%の増加、小型二輪車は420,845台で93,180台・同18.1%の減少であった。

●2002.8.29 2002年7月分二輪車生産実績速報

Copyright (C) Japan Automobile Manufacturers Association, Inc.