JAMA 一般社団法人日本自動車工業会 Englishヘルプサイトマップ    
自工会の概要リリース/会見データファイルライブラリー
ホーム > データファイル > 統計速報 > 生産 > 2002年10月の自動車生産実績

2002年10月の自動車生産実績

四輪車
 10月の四輪車生産台数は912,138台で、 前年同月の857,508台に比べ54,630台・6.4%の増加となり、4カ月連続で前年同月を上回った。
 乗用車の生産は765,872台で前年同月比7.4%の増加となり、4カ月連続のプラス、トラックは140,036台で同0.6%の増加となり、2カ月連続のプラス、バスは6,230台で同22.6%の増加となり、4カ月連続のプラスとなった。

 10月の車種別生産台数と前年同月比は次のとおり。

  • 乗用車− 765,872台で52,621台・7.4%の増加。
    このうち普通車は342,333台で11,449台・3.5%の増加、小型四輪車は323,307台で50,539台・18.5%の増加、軽四輪車は100,232台で9,367台・8.5%の減少。
  • トラック−140,036台で862台・0.6%の増加。
    このうち普通車は62,845台で9,048台・16.8%の増加、小型四輪車は32,586台で866台・2.6%の減少、軽四輪車は44,605台で7,320台・14.1%の減少。
  • バス− 6,230台で1,147台・22.6%の増加。
    このうち大型は862台で23台・2.7%の増加、小型は5,368台で1,124台・26.5%の増加。

 10月の国内需要は443,082台で前年同月比1.3%の増加であった。 (うち乗用車342,899台で前年同月比6.7%の増加、トラック99,139台で 同13.7%の減少、バスは1,044台で同4.4%の減少。)

 輸出は前年同月比105%強。(推定)

  また、1〜10月の生産累計は8,536,591台で、前年同期の8,226,251台に比べ310,340台・3.8%の増加であった。
 このうち乗用車は7,147,311台で330,536台・前年同期比4.8%の増加、トラックは1,335,034台で25,256台・同1.9%の減少、バスは54,246台で5,060台・同10.3%の増加であった。

●2002.11.26 2002年10月分四輪車生産実績速報

二輪車
 10月の二輪車生産台数は186,836台で、前年同月の186,536台に比べ300台・0.2%の増加となり、15カ月ぶりに前年同月を上回った。

 10月の車種別生産台数と前年同月比は次のとおり。

  • 原付第一種 − 40,554台で  4,328台・ 11.9%の増加。
  • 原付第二種 − 55,359台で  954台・ 1.8%の増加。
  • 軽 二 輪車 − 16,778台で 10,178台・ 37.8%の減少。
  • 小型二輪車 − 74,145台で  5,196台・ 7.5%の増加。

 10月の国内需要(出荷)は55,016台で、前年同月比12.0%の増加となった。(うち原付第一種39,774台で前年同月比18.0%の増加、原付第二種6,051台で同9.2%の増加、軽二輪車6,420台で同15.5%の増加、小型二輪車2,771台で同35.9%の減少。)

 輸出は前年同月比85%強。(推定)

 また、1〜10月の生産累計は1,755,264台で、前年同期の1,977,784台に比べ222,520台・11.3%の減少であった。
 このうち原付第一種は488,265台で49,626台・前年同期比9.2%の減少、原付第二種は477,298台で38,594台・同7.5%の減少、軽二輪車は210,791台で15,267台・同6.8%の減少、小型二輪車は578,910台で119,033台・同17.1%の減少であった。

●2002.11.26 2002年10月分二輪車生産実績速報

Copyright (C) Japan Automobile Manufacturers Association, Inc.