JAMA 一般社団法人日本自動車工業会 Englishヘルプサイトマップ    
自工会の概要リリース/会見データファイルライブラリー
ホーム > データファイル > 統計速報 > 生産 > 2003年10月の自動車生産実績

2003年10月の自動車生産実績

四輪車
 10月の四輪車生産台数は932,088台で、前年同月の912,138台に比べ19,950台・2.2%の増加となり、2カ月連続で前年同月を上回った。
 乗用車の生産は766,024台で前年同月比ほぼ横ばいとなり、4カ月ぶりのプラス、トラックは160,317台で同14.5%の増加となり、10カ月連続のプラス、バスは5,747台で同7.8%の減少となり、7カ月連続のマイナスとなった。

 10月の車種別生産台数と前年同月比は次のとおり。

  1. 乗用車−766,024台で152台の増加でほぼ横ばい。
    このうち普通車は369,621台で27,285台・8.0%の増加、小型四輪車は281,558台で41,746台・12.9%の減少、軽四輪車は114,845台で14,613台・14.6%の増加。
  2. トラック−160,317台で20,281台・14.5%の増加。
    このうち普通車は69,895台で7,050台・11.2%の増加、小型四輪車は41,711台で9,125台・28.0%の増加、軽四輪車は48,711台で4,106台・9.2%の増加。
  3. バス−5,747台で483台・7.8%の減少。
    このうち大型は1,015台で153台・17.7%の増加、小型は4,732台で636台・11.8%の減少。

 10月の国内需要は460,543台で前年同月比3.9%の増加であった。 (うち乗用車353,218台で前年同月比3.0%の増加、トラック105,834台で 同6.8%の増加、バスは1,491台で同42.8%の増加。)

 輸出は前年同月比102.9%。(実績)

 また、1〜10月の生産累計は8,603,263台で、前年同期の8,536,627台に比べ66,636台・0.8%の増加であった。
 このうち乗用車は7,095,429台で51,882台・前年同期比0.7%の減少、トラックは1,457,340台で122,270台・同9.2%の増加、バスは50,494台で 3,752台・同6.9%の減少であった。

●2003.11.28 2003年10月分四輪車生産実績速報

二輪車
 10月の二輪車生産台数は158,797台で、前年同月の186,836台に比べ 28,039台・15.0%の減少となり、9カ月連続で前年同月を下回った。

 10月の車種別生産台数と前年同月比は次のとおり。

  1. 原付第一種 − 27,376台で 13,178台・ 32.5%の減少。
  2. 原付第二種 − 38,488台で 16,871台・ 30.5%の減少。
  3. 軽二輪車 − 23,075台で  6,297台・ 37.5%の増加。
  4. 小型二輪車 − 69,858台で  4,287台・ 5.8%の減少。

 10月の国内需要(出荷)は51,761台で、前年同月比5.9%の減少となった。(うち原付第一種37,184台で前年同月比6.5%の減少、原付第二種6,155台で同1.7%の増加、軽二輪車6,073台で同5.4%の減少、小型二輪車2,349台で同15.2%の減少。)

 輸出は前年同月比112.6%。(実績)

 また、1〜10月の生産累計は1,530,844台で、前年同期の1,755,264台に比べ224,420台・12.8%の減少であった。
 このうち原付第一種は403,963台で84,102台・前年同期比17.2%の減少、原付第二種は335,677台で141,821台・同29.7%の減少、軽二輪車は186,888台で23,903台・同11.3%の減少、小型二輪車は604,316台で25,406台・同4.4%の増加であった。

●2003.11.28 2003年10月分二輪車生産実績速報

Copyright (C) Japan Automobile Manufacturers Association, Inc.