JAMA 一般社団法人日本自動車工業会 Englishヘルプサイトマップ    
自工会の概要リリース/会見データファイルライブラリー
ホーム > データファイル > 統計速報 > 生産 > 2004年1月の自動車生産実績

2004年1月の自動車生産実績

四輪車
 1月の四輪車生産台数は826,579台で、前年同月の853,387台に比べ26,808台・3.1%の減少となり、3カ月連続で前年同月を下回った。
 乗用車の生産は684,697台で前年同月比4.3%の減少となり、3カ月連続のマイナス、トラックは136,908台で同3.5%の増加となり、13カ月連続のプラス、バスは4,974台で同14.0%の減少となり、10カ月連続のマイナスとなった。

 1月の車種別生産台数と前年同月比は次のとおり。

  1. 乗用車−684,697台で30,595台・4.3%の減少。
    このうち普通車は319,470台で13,937台・4.6%の増加、小型四輪車は261,848台で45,085台・14.7%の減少、軽四輪車は103,379台で553台・0.5%の増加。

  2. トラック−136,908台で4,594台・3.5%の増加。
    このうち普通車は61,817台で4,893台・8.6%の増加、小型四輪車は37,432台で5,378台・16.8%の増加、軽四輪車は37,659台で5,677台・13.1%の減少。

  3. バス−4,974台で807台・14.0%の減少。
    このうち大型は1,091台で176台・19.2%の増加、小型は3,883台で983台・20.2%の減少。

 1月の国内需要は404,210台で前年同月比6.4%の増加であった。
(うち乗用車328,706台で前年同月比4.2%の増加、トラック74,030台で 同16.6%の増加、バスは1,474台で同43.5%の増加。)

 輸出は前年同月比97.8%。(実績)

 また、4〜1月の生産累計は8,413,474台で、前年同期の8,477,069台に比べ63,595台・0.8%の減少であった。
 このうち乗用車は6,906,211台で215,034台・前年同期比3.0%の減少、トラックは1,458,970台で159,743台・同12.3%の増加、バスは48,293台で8,304台・同14.7%の減少であった。

●2004.2.26 2004年1月分四輪車生産実績速報

二輪車
 1月の二輪車生産台数は159,353台で、前年同月の176,774台に比べ17,421台・9.9%の減少となり、12カ月連続で前年同月を下回った。

 1月の車種別生産台数と前年同月比は次のとおり。

  1. 原付第一種 − 27,456台で 11,051台・28.7%の減少。
  2. 原付第二種 − 14,345台で 20,179台・58.4%の減少。
  3. 軽二輪車 − 20,185台で 8,489台・72.6%の増加。
  4. 小型二輪車 − 97,367台で 5,320台・ 5.8%の増加。

 1月の国内需要(出荷)は45,284台で、前年同月比3.5%の減少となった。
(うち原付第一種36,035台で前年同月比1.7%の減少、原付第二種3,058台で同39.7%の減少、軽二輪車3,810台で同17.7%の増加、小型二輪車2,381台で同21.7%の増加。)

 輸出は前年同月比99.9%。(実績)

 また、4〜1月の生産累計は1,439,547台で、前年同期の1,727,772台に比べ288,225台・16.7%の減少であった。
 このうち原付第一種は361,084台で95,955台・前年同期比21.0%の減少、原付第二種は294,856台で180,232台・同37.9%の減少、軽二輪車は210,709台で8,432台・同4.2%の増加、小型二輪車は572,898台で20,470台・同3.4%の減少であった。

●2004.2.26 2004年1月分二輪車生産実績速報

Copyright (C) Japan Automobile Manufacturers Association, Inc.