JAMA 一般社団法人日本自動車工業会Englishヘルプサイトマップ  詳細 
自工会の概要リリース/会見データファイルライブラリー
ホーム > データファイル > 統計速報 > 生産 > 2004年7月の自動車生産実績

2004年7月の自動車生産実績

四輪車
 7月の四輪車生産台数は926,956台で、前年同月の922,677台に比べ4,279台・0.5%の増加となり、2カ月連続で前年同月を上回った。
 乗用車の生産は768,061台で前年同月比1.9%の増加となり、2カ月連続のプラス、トラックは153,625台で同6.2%の減少となり、2カ月ぶりのマイナス、バスは5,270台で同6.2%の増加となり、5カ月連続のプラスとなった。

 7月の車種別生産台数と前年同月比は次のとおり。

  1. 乗用車−768,061台で14,043台・1.9%の増加。
    このうち普通車は352,985台で26,418台・8.1%の増加、小型四輪車は304,083台で5,955台・1.9%の減少、軽四輪車は110,993台で6,420台・5.5%の減少。

  2. トラック−153,625台で10,072台・6.2%の減少。
    このうち普通車は72,708台で1,296台・1.8%の減少、小型四輪車は38,270台で3,048台・7.4%の減少、軽四輪車は42,647台で5,728台・11.8%の減少。

  3. バス−5,270台で308台・6.2%の増加。
    このうち大型は872台で18台・2.1%の増加、小型は4,398台で290台・7.1%の増加。

 7月の国内需要は523,298台で前年同月比0.2%の減少であった。
(うち乗用車431,130台で前年同月比1.2%の増加、トラック90,573台で 同6.3%の減少、バスは1,595台で同14.3%の減少。)

 輸出は前年同月比113.5%。(実績)

  また、1〜7月の生産累計は6,233,069台で、前年同期の6,057,580台に比べ175,489台・2.9%の増加であった。
 このうち乗用車は5,175,752台で158,655台・前年同期比3.2%の増加、トラックは1,020,851台で16,425台・同1.6%の増加、バスは36,466台で409台・同1.1%の増加であった。

●2004.8.30 2004年7月分四輪車生産実績速報

二輪車
 7月の二輪車生産台数は134,351台で、前年同月の151,367台に比べ17,016台・11.2%の減少となり、2カ月ぶりに前年同月を下回った。

 7月の車種別生産台数と前年同月比は次のとおり。

  1. 原付第一種 −26,605台で16,586台・38.4%の減少。
  2. 原付第二種 −40,589台で7,052台・14.8%の減少。
  3. 軽 二 輪 車 −28,978台で5,079台・21.3%の増加。
  4. 小型二輪車 −38,179台で1,543台・4.2%の増加。

 7月の国内需要(出荷)は57,844台で、前年同月比7.9%の減少となった。
(うち原付第一種39,097台で前年同月比4.6%の減少、原付第二種5,617台で同14.2%の減少、軽二輪車9,227台で同0.7%の増加、小型二輪車3,903台で同36.4%の減少。)

 輸出は前年同月比109.1%。(実績)

 また、1〜7月の生産累計は1,016,123台で、前年同期の1,093,332台に比べ77,209台・7.1%の減少であった。
 このうち原付第一種は207,049台で97,478台・前年同期比32.0%の減少、原付第二種は184,907台で35,496台・同16.1%の減少、軽二輪車は150,581台で33,029台・同28.1%の増加、小型二輪車は473,586台で22,736台・同5.0%の増加であった。

●2004.8.30 2004年7月分二輪車生産実績速報

Copyright (C) Japan Automobile Manufacturers Association, Inc.