JAMA 一般社団法人日本自動車工業会 Englishヘルプサイトマップ    
自工会の概要リリース/会見データファイルライブラリー
ホーム > データファイル > 統計速報 > 生産 > 2005年3月の自動車生産実績

2005年3月の自動車生産実績

四輪車
 3月の四輪車生産台数は1,060,433台で、前年同月の1,029,932台に比べ30,501台・3.0%の増加となり、3カ月連続で前年同月を上回った。
 乗用車の生産は885,797台で前年同月比2.6%の増加となり、3カ月連続のプラス、トラックは167,321台で同4.0%の増加となり、2カ月連続のプラス、バスは7,315台で同21.6%の増加となり、2カ月連続のプラスとなった。

 3月の車種別生産台数と前年同月比は次のとおり。

  1. 乗用車−885,797台で22,694台・2.6%の増加。
    このうち普通車は391,316台で11,737台・3.1%の増加、小型四輪車は343,992台で15,283台・4.6%の増加、軽四輪車は150,489台で4,326台・2.8%の減少。

  2. トラック−167,321台で6,510台・4.0%の増加。
    このうち普通車は66,358台で1,056台・1.6%の増加、小型四輪車は46,884台で2,545台・5.7%の増加、軽四輪車は54,079台で 2,909台・5.7%の増加。

  3. バス−7,315台で1,297台・21.6%の増加。
    このうち大型は1,147台で134台・10.5%の減少、小型は6,168台で1,431台・30.2%の増加。

 3月の国内需要は834,066台で前年同月比1.7%の減少であった。
(うち乗用車684,541台で前年同月比1.9%の減少、トラック145,969台で同0.6%の減少、バス3,556台で同7.6%の減少。)

 輸出は前年同月比103.1%。(実績)

 2004年度(4〜3月)の生産台数は10,617,038台で、前年度の 10,356,377台に比べ260,661台・2.5%の増加となり、3年連続で前年度を上回った。

 2004年度の車種別生産台数と前年度比は次のとおり。

  1. 乗用車 − 8,817,949台で283,304台・3.3%の増加。
    このうち普通車は4,069,074台で208,605台・5.4%の増加、小型四輪車は3,379,489台で42,627台・1.3%の増加、軽四輪車は 1,369,386台で32,072台・2.4%の増加。

  2. トラック − 1,736,269台で25,605台・1.5%の減少。
    このうち普通車は771,692台で9,270台・1.2%の減少、小型四輪車は440,398台で23,821台・5.1%の減少、軽四輪車は524,179台で7,486台・1.4%の増加。

  3. バス − 62,820台で2,962台・4.9%の増加。
    このうち大型は11,830台で225台・1.9%の減少、小型は 50,990台で3,187台・6.7%の増加。

 2004年度の国内需要は5,820,724台で、前年度の5,887,064台に比べ 1.1%の減少となり、3年ぶりに前年度を下回った。
(うち、乗用車4,749,346台・前年度比0.2%の増加、トラック1,054,295台・同6.2%の減少、バス17,083台・同21.2%の減少。)

2004年度の輸出は前年度比104.3%。(実績)

●2005.4.28 2005年3月分四輪車生産実績速報
●2005.4.28 2004年4〜2005年3月分四輪車生産実績速報

二輪車
 3月の二輪車生産台数は177,253台で、前年同月の181,952台に比べ 4,699台・2.6%の減少となり、2カ月連続で前年同月を下回った。

 3月の車種別生産台数と前年同月比は次のとおり。

  1. 原付第一種 − 33,227台で 838台・ 2.5%の減少。
  2. 原付第二種 − 14,860台で 10,340台・41.0%の減少。
  3. 軽二輪車 − 22,188台で 2,182台・ 9.0%の減少。
  4. 小型二輪車 − 106,978台で 8,661台・ 8.8%の増加。

 3月の国内需要(出荷)は84,295台で、前年同月比1.5%の減少となった。
(うち原付第一種58,132台で前年同月比6.3%の減少、原付第二種 8,645台で同37.0%の増加、軽二輪車9,855台で同21.0%の減少、小型二輪車7,663台で同60.9%の増加。)

 輸出は前年同月比99.9%。(実績)

 2004年度(4〜3月)の生産台数は1,729,468台で、前年度の 1,783,949台に比べ54,481台・3.1%の減少となり、4年連続で前年度を下回った。

 2004年度の車種別生産台数と前年度比は次のとおり。

  1. 原付第一種 −329,774台で 93,718台・22.1%の減少。
  2. 原付第二種 −295,747台で 41,121台・12.2%の減少。
  3. 軽 二 輪車 −263,350台で 10,062台・ 4.0%の増加。
  4. 小型二輪車 −840,597台で 70,296台・ 9.1%の増加。

  2004年度の国内需要(出荷)は692,656台で、前年度の743,244台に比べ6.8%の減少となり、2年連続で前年度を下回った。
(うち、原付第一種は489,242台・前年度比7.2%の減少、原付第二種は67,313台・同20.2%の減少、軽二輪車は92,925台・同2.7%の増加、小型二輪車は43,176台・同5.1%の増加。)

 2004年度の輸出は前年度比102.9%。(実績)

●2005.4.28 2005年3月分二輪車生産実績速報
●2005.4.28 2004年4〜2005年3月分二輪車生産実績速報

Copyright (C) Japan Automobile Manufacturers Association, Inc.