JAMA 一般社団法人日本自動車工業会 Englishヘルプサイトマップ    
自工会の概要リリース/会見データファイルライブラリー
ホーム > データファイル > 統計速報 > 生産 > 2005年7月の自動車生産実績

2005年7月の自動車生産実績

四輪車
 7月の四輪車生産台数は903,495台で、前年同月の926,954台に比べ23,459台・2.5%の減少となり、7カ月ぶりに前年同月を下回った。
 乗用車の生産は758,398台で前年同月比1.3%の減少となり、7カ月ぶりのマイナス、トラックは137,695台で同10.4%の減少となり、3カ月ぶりのマイナス、バスは7,402台で同40.5%の増加となり、6カ月連続のプラスとなった。

 7月の車種別生産台数と前年同月比は次のとおり。

  1. 乗用車−758,398台で9,661台・1.3%の減少。
    このうち普通車は351,852台で1,131台・0.3%の減少、小型四輪車は290,712台で13,371台・4.4%の減少、軽四輪車は115,834台で4,841台・4.4%の増加。

  2. トラック−137,695台で15,930台・10.4%の減少。
    このうち普通車は60,142台で12,566台・17.3%の減少、小型四輪車は37,552台で718台・1.9%の減少、軽四輪車は40,001台で2,646台・6.2%の減少。

  3. バス−7,402台で2,132台・40.5%の増加。
    このうち大型は991台で119台・13.6%の増加、小型は6,411台で2,013台・45.8%の増加。

 7月の国内需要は517,148台で、前年同月比1.2%の減少であった。
(うち乗用車422,356台で前年同月比2.0%の減少、トラック93,272台で同3.0%の増加、バスは1,520台で同4.7%の減少。)

 輸出は前年同月比94.7%。(実績)

 また、1〜7月の生産累計は6,387,916台で、前年同期の6,233,067台に比べ154,849台・2.5%の増加であった。
 このうち乗用車は5,321,247台で145,497台・前年同期比2.8%の増加、トラックは1,021,379台で528台・同0.1%の増加、バスは45,290台で8,824台・同24.2%の増加であった。

●2005.8.30 2005年7月分四輪車生産実績速報

二輪車
 7月の二輪車生産台数は136,350台で、前年同月の132,351台に比べ3,999台・3.0%の増加となり、4カ月連続で前年同月を上回った。

 7月の車種別生産台数と前年同月比は次のとおり。

  1. 原付第一種 − 28,872台で 2,267台・ 8.5%の増加。
  2. 原付第二種 − 25,581台で 12,608台・33.0%の減少。
  3. 軽二輪車 − 29,706台で 728台・ 2.5%の増加。
  4. 小型二輪車 − 52,191台で 13,612台・35.3%の増加。

 7月の国内需要(出荷)は62,638台で、前年同月比8.3%の増加であった。
(うち原付第一種40,114台で前年同月比2.6%の増加、原付第二種8,267台で同47.2%の増加、軽二輪車10,231台で同10.9%の増加、小型二輪車4,026台で同3.2%の増加。)

 輸出は前年同月比98.3%。(実績)

 また、1〜7月の生産累計は1,014,504台で、前年同期の998,519台に比べ15,985台・1.6%の増加であった。
 このうち原付第一種は185,836台で11,092台・前年同期比5.6%の減少、原付第二種は150,023台で25,856台・同14.7%の減少、軽二輪車は147,732台で3,049台・同2.0%の減少、小型二輪車は530,913台で55,982台・同11.8%の増加であった。

●2005.8.30 2005年7月分二輪車生産実績速報

Copyright (C) Japan Automobile Manufacturers Association, Inc.