JAMA 一般社団法人日本自動車工業会 Englishヘルプサイトマップ    
自工会の概要リリース/会見データファイルライブラリー
ホーム > データファイル > 統計速報 > 生産 > 2006年3月の自動車生産実績

2006年3月の自動車生産実績

四輪車
 3月の四輪車生産台数は1,118,009台で、前年同月の1,060,433台に比べ57,576台・5.4%の増加となり、5カ月連続で前年同月を上回った。
  乗用車の生産は961,994台で前年同月比8.6%の増加となり、5カ月連続のプラス、トラックは148,245台で同11.4%の減少となり、3カ月連続のマイナス、バスは7,770台で同6.2%の増加となり、14カ月連続のプラスとなった。

 3月の車種別生産台数と前年同月比は次のとおり。

  1. 乗用車−961,994台で76,197台・8.6%の増加。
    このうち普通車は431,378台で40,062台・10.2%の増加、小型四輪車は370,863台で26,871台・7.8%の増加、軽四輪車は159,753台で9,264台・6.2%の増加。

  2. トラック−148,245台で19,076台・11.4%の減少。
    このうち普通車は57,616台で8,742台・13.2%の減少、小型四輪車は43,726台で3,158台・6.7%の減少、軽四輪車は46,903台で 7,176台・13.3%の減少。

  3. バス−7,770台で455台・6.2%の増加。
    このうち大型は995台で152台・13.3%の減少、小型は6,775台で607台・9.8%の増加。

 3月の国内需要は835,198台で、前年同月比0.1%の増加であった。 
(うち乗用車688,233台で前年同月比0.5%の増加、トラック143,374台で同1.8%の減少、バス3,591台で同1.0%の増加。)

 輸出は前年同月比119.8%。(実績)

 2005年度(4〜3月)の生産台数は10,893,529台で、前年度の 10,617,038台に比べ276,491台・2.6%の増加となり、4年連続で前年度を上回った。

 2005年度の車種別生産台数と前年度比は次のとおり。

  1. 乗用車 − 9,154,147台で336,198台・3.8%の増加。
    このうち普通車は4,305,549台で236,475台・5.8%の増加、小型四輪車は3,431,640台で52,151台・1.5%の増加、軽四輪車は 1,416,958台で47,572台・3.5%の増加。

  2. トラック − 1,660,865台で75,404台・4.3%の減少。
    このうち普通車は694,276台で77,416台・10.0%の減少、小型四輪車は433,659台で6,739台・1.5%の減少、軽四輪車は532,930台で8,751台・1.7%の増加。

  3. バス − 78,517台で15,697台・25.0%の増加。
    このうち大型は11,635台で195台・1.6%の減少、小型は66,882台で15,892台・31.2%の増加。

 2005年度の国内需要は5,861,545台で、前年度の5,820,722台に比べ0.7%の増加となり、2年ぶりに前年度を上回った。
(うち乗用車4,755,368台で前年度比0.1%の増加、トラック1,088,317台で同3.2%の増加、バス17,860台で同4.5%の増加。)

2005年度の輸出は前年度比105.6%。(実績)

●2006.4.28 2006年3月分四輪車生産実績速報
●2006.4.28 2005年4〜2006年3月分四輪車生産実績速報

二輪車
 3月の二輪車生産台数は172,071台で、前年同月の177,253台に比べ 5,182台・2.9%の減少となり、4カ月連続で前年同月を下回った。

 3月の車種別生産台数と前年同月比は次のとおり。

  1. 原付第一種 − 31,137台で 2,090台・ 6.3%の減少。
  2. 原付第二種 − 11,611台で 3,249台・21.9%の減少。
  3. 軽二輪車 − 22,720台で 532台・ 2.4%の増加。
  4. 小型二輪車 − 106,603台で 375台・ 0.4%の減少。

 3月の国内需要(出荷)は84,693台で、前年同月比0.5%の増加であった。
(うち原付第一種58,868台で前年同月比1.3%の増加、原付第二種8,821台で同2.0%の増加、軽二輪車10,926台で同10.9%の増加、小型二輪車 6,078台で同20.7%の減少。)

 輸出は前年同月比94.6%。(実績)

 2005年度(4〜3月)の生産台数は1,774,423台で、前年度の 1,729,468台に比べ44,955台・2.6%の増加となり、5年ぶりに前年度を上回った。

 2005年度の車種別生産台数と前年度比は次のとおり。

  1. 原付第一種 −296,102台で 33,672台・10.2%の減少。
  2. 原付第二種 −241,198台で 54,549台・18.4%の減少。
  3. 軽 二 輪車 −282,861台で 19,511台・ 7.4%の増加。
  4. 小型二輪車 −954,262台で 113,665台・13.5%の増加。

  2005年度の国内需要(出荷)は710,158台で、前年度の692,656台に比べ2.5%の増加となり、3年ぶりに前年度を上回った。
(うち原付第一種478,353台で前年度比2.2%の減少、原付第二種85,080台で同26.4%の増加、軽二輪車100,843台で同8.5%の増加、小型二輪車 45,882台で同6.3%の増加。)

 2005年度の輸出は前年度比99.3%。(実績)

●2006.4.28 2006年3月分二輪車生産実績速報
●2006.4.28 2005年4〜2006年3月分二輪車生産実績速報

Copyright (C) Japan Automobile Manufacturers Association, Inc.