JAMA 一般社団法人日本自動車工業会 Englishヘルプサイトマップ    
自工会の概要リリース/会見データファイルライブラリー
ホーム > データファイル > 統計速報 > 生産 > 2006年11月の自動車生産実績

2006年11月の自動車生産実績

四輪車
 11月の四輪車生産台数は1,033,349台で、前年同月の962,378台に比べ70,971台・7.4%の増加となり、13カ月連続で前年同月を上回った。
 乗用車の生産は878,825台で前年同月比8.8%の増加となり、13カ月連続のプラス、トラックは146,134台で同1.2%の減少となり、2カ月連続のマイナス、バスは8,390台で同25.6%の増加となり、22カ月連続のプラスとなった。

 11月の車種別生産台数と前年同月比は次のとおり。

  1. 乗用車−878,825台で71,067台・8.8%の増加。
    このうち普通車は488,746台で96,928台・24.7%の増加、小型四輪車は261,299台で33,418台・11.3%の減少、軽四輪車は128,780台で7,557台・6.2%の増加。

  2. トラック−146,134台で1,804台・1.2%の減少。
    このうち普通車は63,449台で5,324台・9.2%の増加、小型四輪車は34,563台で3,630台・9.5%の減少、軽四輪車は48,122台で3,498台・6.8%の減少。

  3. バス−8,390台で1,708台・25.6%の増加。
    このうち大型は721台で175台・19.5%の減少、小型は7,669台で1,883台・32.5%の増加。

 11月の国内需要は452,629台で、前年同月比2.3%の減少であった。
(うち乗用車362,253台で前年同月比0.9%の減少、トラック89,281台で同7.6%の減少、バス1,095台で同5.7%の減少。)

 輸出は前年同月比124.6%。(実績)

 また、1〜11月の生産累計は10,529,193台で、前年同期の9,914,893台に比べ614,300台・6.2%の増加であった。
 このうち乗用車は8,933,959台で666,029台・前年同期比8.1%の増加、トラックは1,514,086台で62,549台・同4.0%の減少、バスは81,148台で10,820台・同15.4%の増加であった。

●2006.12.27 2006年11月分四輪車生産実績速報

二輪車
 11月の二輪車生産台数は166,009台で、前年同月の166,616台に比べ607台・0.4%の減少となり、2カ月ぶりに前年同月を下回った。

 11月の車種別生産台数と前年同月比は次のとおり。

  1. 原付第一種 −25,563台で 4,668台・ 22.3%の増加。
  2. 原付第二種 − 10,837台で 8,886台・ 45.1%の減少。
  3. 軽二輪車 − 23,675台で 717台・ 3.1%の増加。
  4. 小型二輪車 − 105,934台で 2,894台・ 2.8%の増加。

 11月の国内需要(出荷)は43,889台で、前年同月比9.4%の減少であった。
(うち原付第一種29,772台で前年同月比3.5%の減少、原付第二種4,934台で同36.6%の減少、軽二輪車6,167台で同19.2%の減少、小型二輪車3,016台で同38.2%の増加。)

 輸出は前年同月比95.0%。(実績)

 また、1〜11月の生産累計は1,617,797台で、前年同期の1,630,307台に比べ12,510台・0.8%の減少であった。
 このうち原付第一種は282,558台で9,701台・前年同期比3.6%の増加、原付第二種は141,531台で106,273台・同42.9%の減少、軽二輪車は 256,055台で2,015台・同0.8%の減少、小型二輪車は937,653台で 86,077台・同10.1%の増加であった。

●2006.12.27 2006年11月分二輪車生産実績速報

Copyright (C) Japan Automobile Manufacturers Association, Inc.