JAMA 一般社団法人日本自動車工業会 Englishヘルプサイトマップ    
自工会の概要リリース/会見データファイルライブラリー
ホーム > データファイル > 統計速報 > 生産 > 2007年3月の自動車生産実績

2007年3月の自動車生産実績

四輪車
 3月の四輪車生産台数は1,080,188台で、前年同月の1,118,009台に比べ37,821台・3.4%の減少となり、17カ月ぶりに前年同月を下回った。
 乗用車の生産は937,390台で前年同月比2.6%の減少となり、17カ月ぶりのマイナス、トラックは133,178台で同10.2%の減少となり、2カ月連続のマイナス、バスは9,620台で同23.8%の増加となり、26カ月連続のプラスとなった。

 3月の車種別生産台数と前年同月比は次のとおり。

  1. 乗用車−937,390台で24,604台・2.6%の減少。
    このうち普通車は496,728台で53,470台・12.1%の増加、小型四輪車は281,593台で77,390台・21.6%の減少、軽四輪車は 159,069台で684台・0.4%の減少。

  2. トラック−133,178台で15,067台・10.2%の減少。
    このうち普通車は62,419台で4,803台・8.3%の増加、小型四輪車は33,367台で10,359台・23.7%の減少、軽四輪車は37,392台で9,511台・20.3%の減少。

  3. バス−9,620台で1,850台・23.8%の増加。
    このうち大型は955台で40台・4.0%の減少、小型は8,665台で 1,890台・27.9%の増加。

 3月の国内需要は767,366台で、前年同月比8.1%の減少であった。 
(うち乗用車639,461台で前年同月比7.1%の減少、トラック124,755台で同13.0%の減少、バス3,150台で同12.3%の減少。)

 輸出は前年同月比108.1%。(実績)

 また、2006年度(4〜3月)の生産台数は11,501,208台で、前年度の10,893,529台に比べ607,679台・5.6%の増加となり、5年連続で前年度を上回った。

 2006年度の車種別生産台数と前年度比は次のとおり。

  1. 乗用車−9,788,846台で634,699台・6.9%の増加。
    このうち普通車は5,089,554台で747,741台・17.2%の増加、 小型四輪車は3,134,038台で261,338台・7.7%の減少、軽四輪車は1,565,254台で148,296台・10.5%の増加。

  2. トラック−1,619,481台で41,384台・2.5%の減少。
    このうち普通車は707,680台で13,404台・1.9%の増加、小型四輪車は408,840台で24,819台・5.7%の減少、軽四輪車は502,961台で29,969台・5.6%の減少。

  3. バス−92,881台で14,364台・18.3%の増加。
    このうち大型は10,491台で1,144台・9.8%の減少、小型は 82,390台で15,508台・23.2%の増加。

 2006年度の国内需要は5,618,499台で、前年度の5,861,545台に比べ4.1%の減少となり、2年ぶりに前年度を下回った。
(うち乗用車4,557,294台で前年度比4.2%の減少、トラック1,044,161台で同4.1%の減少、バス17,044台で同4.6%の減少。)

 2006年度の輸出は前年度比116.6%。(実績)

●2007.4.27 2007年3月分四輪車生産実績速報
●2007.4.27 2006年4〜2007年3月分四輪車生産実績速報

二輪車
 3月の二輪車生産台数は176,335台で、前年同月の172,071台に比べ 4,264台・2.5%の増加となり、2カ月連続で前年同月を上回った。

 3月の車種別生産台数と前年同月比は次のとおり。

  1. 原付第一種 − 29,786台で 1,351台・ 4.3%の減少。
  2. 原付第二種 − 11,342台で 269台・ 2.3%の減少。
  3. 軽二輪車 − 18,230台で 4,490台・19.8%の減少。
  4. 小型二輪車 − 116,977台で 10,374台・ 9.7%の増加。

 3月の国内需要(出荷)は77,522台で、前年同月比8.5%の減少であった。
(うち原付第一種54,776台で前年同月比7.0%の減少、原付第二種 9,383台で同6.4%の増加、軽二輪車8,081台で同26.0%の減少、小型二輪車5,282台で同13.1%の減少。)

 輸出は前年同月比107.8%。(実績)

 また、2006年度(4〜3月)の生産台数は1,772,204台で、前年度の1,774,423台に比べ2,219台・0.1%の減少となり、2年ぶりに前年度を下回った。

 2006年度の車種別生産台数と前年度比は次のとおり。

  1. 原付第一種 −293,891台で 2,211台・ 0.7%の減少。
  2. 原付第二種 −156,845台で 84,353台・35.0%の減少。
  3. 軽 二 輪車 −272,139台で 10,722台・ 3.8%の減少。
  4. 小型二輪車 −1,049,329台で 95,067台・10.0%の増加。

  2006年度の国内需要(出荷)は681,610台で、前年度の710,158台に比べ4.0%の減少となり、2年ぶりに前年度を下回った。
(うち原付第一種458,420台で前年度比4.2%の減少、原付第二種86,924台で同2.2%の増加、軽二輪車88,441台で同12.3%の減少、小型二輪車 47,825台で同4.2%の増加。)

 2006年度の輸出は前年度比104.1%。(実績)

●2007.4.27 2007年3月分二輪車生産実績速報
●2006.4.27 2006年4〜2007年3月分二輪車生産実績速報

Copyright (C) Japan Automobile Manufacturers Association, Inc.