JAMA 一般社団法人日本自動車工業会 Englishヘルプサイトマップ    
自工会の概要リリース/会見データファイルライブラリー
ホーム > データファイル > 統計速報 > 生産 > 2008年3月の自動車生産実績

2008年3月の自動車生産実績
>ニュースリリース

四輪車
 3月の四輪車生産台数は1,104,659台で、前年同月の1,080,188台に比べ24,471台・2.3%の増加となり、8カ月連続で前年同月を上回った。
 乗用車の生産は950,929台で前年同月比1.4%の増加となり、8カ月連続のプラス、トラックは140,234台で同5.3%の増加となり、3カ月連続のプラス、バスは13,496台で同40.3%の増加となり、38カ月連続のプラスとなった。

 3月の車種別生産台数と前年同月比は次のとおり。

  1. 乗用車−950,929台で13,539台・1.4%の増加。
    このうち普通車は560,917台で54,449台・10.8%の増加、小型四輪車は257,518台で14,335台・5.3%の減少、軽四輪車は132,494台で26,575台・16.7%の減少。

  2. トラック−140,234台で7,056台・5.3%の増加。
    このうち普通車は66,790台で4,371台・7.0%の増加、小型四輪車は34,374台で1,007台・3.0%の増加、軽四輪車は39,070台で1,678台・4.5%の増加。

  3. バス−13,496台で3,876台・40.3%の増加。
    このうち大型は1,154台で199台・20.8%の増加、小型は12,342台で3,677台・42.4%の増加。

 3月の国内需要は730,582台で、前年同月比4.8%の減少であった。
(うち乗用車613,663台で前年同月比4.0%の減少、トラック114,103台で同8.5%の減少、バス2,816台で同10.6%の減少。)

 輸出は前年同月比112.3%。(実績)

 また、2007年度(4〜3月)の生産台数は11,790,059台で、前年度の11,501,208台に比べ288,851台・2.5%の増加となり、6年連続で前年度を上回った。

 2007年度の車種別生産台数と前年度比は次のとおり。

  1. 乗用車−10,104,399台で317,165台・3.2%の増加。
    このうち普通車は6,088,209台で974,434台・19.1%の増加、 小型四輪車は2,633,706台で476,111台・15.3%の減少、軽四輪車は1,382,484台で181,158台・11.6%の減少。

  2. トラック−1,559,205台で61,888台・3.8%の減少。
    このうち普通車は741,413台で33,733台・4.8%の増加、小型四輪車は358,507台で50,333台・12.3%の減少、軽四輪車は459,285台で45,288台・9.0%の減少。

  3. バス−126,455台で33,574台・36.1%の増加。
    このうち大型は12,392台で1,901台・18.1%の増加、小型は 114,063台で31,673台・38.4%の増加。

 2007年度の国内需要は5,319,619台で、前年度の5,618,545台に比べ5.3%の減少となり、2年連続で前年度を下回った。
(うち乗用車4,390,343台で前年度比3.7%の減少、トラック913,961台で同12.5%の減少、バス15,315台で同10.1%の減少。)

 2007年度の輸出は前年度比110.4%。(実績)

●2008.4.30 2008年3月分四輪車生産実績速報
●2008.4.30 2007年4〜2008年3月分四輪車生産実績速報

二輪車
 3月の二輪車生産台数は120,831台で、前年同月の176,335台に比べ 55,504台・31.5%の減少となり、7カ月連続で前年同月を下回った。

 3月の車種別生産台数と前年同月比は次のとおり。

  1. 原付第一種 − 16,781台で 13,005台・43.7%の減少。
  2. 原付第二種 − 6,811台で 4,531台・39.9%の減少。
  3. 軽二輪車 − 16,076台で 2,154台・11.8%の減少。
  4. 小型二輪車 − 81,163台で 35,814台・30.6%の減少。

 3月の国内需要(出荷)は61,238台で、前年同月比21.0%の減少であった。
(うち原付第一種41,878台で前年同月比23.5%の減少、原付第二種 8,845台で同5.7%の減少、軽二輪車5,669台で同29.8%の減少、小型二輪車4,846台で同8.3%の減少。)

 輸出は前年同月比73.4%。(実績)

 また、2007年度(4〜3月)の生産台数は1,560,892台で、前年度の1,772,204台に比べ211,312台・11.9%の減少となり、2年連続で前年度を下回った。

 2007年度の車種別生産台数と前年度比は次のとおり。

  1. 原付第一種 −233,842台で 60,049台・20.4%の減少。
  2. 原付第二種 −166,532台で 9,687台・ 6.2%の増加。
  3. 軽二輪車 −262,789台で 9,350台・ 3.4%の減少。
  4. 小型二輪車 −897,729台で 151,600台・14.4%の減少。

  2007年度の国内需要(出荷)は655,076台で、前年度の681,610台に比べ3.9%の減少となり、2年連続で前年度を下回った。
(うち原付第一種424,673台で前年度比7.4%の減少、原付第二種108,882台で同25.3%の増加、軽二輪車80,959台で同8.5%の減少、小型二輪車 40,562台で同15.2%の減少。)

 2007年度の輸出は前年度比86.7%。(実績)

●2008.4.30 2008年3月分二輪車生産実績速報
●2008.4.30 2007年4〜2008年3月分二輪車生産実績速報

Copyright (C) Japan Automobile Manufacturers Association, Inc.