JAMA 一般社団法人日本自動車工業会 Englishヘルプサイトマップ    
自工会の概要リリース/会見データファイルライブラリー
ホーム > データファイル > 統計速報 > 生産 > 2009年3月の自動車生産実績

2009年3月の自動車生産実績
>ニュースリリース

四輪車
 3月の四輪車生産台数は552,071台で、前年同月の1,104,659台に比べ552,588台・50.0%の減少となり、6カ月連続で前年同月を下回った。
 乗用車の生産は468,469台で前年同月比50.7%の減少となり、6カ月連続のマイナス、トラックは77,856台で同44.5%の減少となり、6カ月連続のマイナス、バスは5,746台で同57.4%の減少となり、3カ月連続のマイナスとなった。

 3月の車種別生産台数と前年同月比は次のとおり。

  1. 乗用車−468,469台で482,460台・50.7%の減少。
    このうち普通車は181,478台で379,439台・67.6%の減少、小型四輪車は163,519台で93,999台・36.5%の減少、軽四輪車は123,472台で9,022台・6.8%の減少。

  2. トラック−77,856台で62,378台・44.5%の減少。
    このうち普通車は23,316台で43,474台・65.1%の減少、小型四輪車は19,450台で14,924台・43.4%の減少、軽四輪車は35,090台で3,980台・10.2%の減少。

  3. バス−5,746台で7,750台・57.4%の減少。
    このうち大型は602台で552台・47.8%の減少、小型は5,144台で7,198台・58.3%の減少。

 3月の国内需要は546,098台で、前年同月比25.3%の減少であった。 (うち乗用車463,405台で前年同月比24.5%の減少、トラック80,059台で同29.8%の減少、バス2,634台で同6.5%の減少。)

 輸出は前年同月比35.7%。(実績)

 また、2008年度(4〜3月)の生産台数は9,993,756台で、前年度の11,790,059台に比べ1,796,303台・15.2%の減少となり、7年ぶりに前年度を下回った。

 2008年度の車種別生産台数と前年度比は次のとおり。

  1. 乗用車−8,542,405台で1,561,994台・15.5%の減少。
    このうち普通車は4,686,616台で1,401,593台・23.0%の減少、 小型四輪車は2,443,843台で189,863台・7.2%の減少、軽四輪車は1,411,946台で29,462台・2.1%の増加。

  2. トラック−1,329,856台で229,349台・14.7%の減少。
    このうち普通車は615,399台で126,014台・17.0%の減少、小型四輪車は288,345台で70,162台・19.6%の減少、軽四輪車は426,112台で33,173台・7.2%の減少。

  3. バス−121,495台で4,960台・3.9%の減少。
    このうち大型は10,306台で2,086台・16.8%の減少、小型は111,189台で2,874台・2.5%の減少。

 2008年度の国内需要は4,700,784台で、前年度の5,319,620台に比べ11.6%の減少となり、3年連続で前年度を下回った。
(うち乗用車3,908,883台で前年度比11.0%の減少、トラック776,928台で同15.0%の減少、バス14,973台で同2.2%の減少。)

 2008年度の輸出は前年度比82.8%。(実績)

●2009.4.30 2009年3月分四輪車生産実績速報
●2009.4.30 2008年4〜2009年3月分四輪車生産実績速報

二輪車
 3月の二輪車生産台数は60,369台で、前年同月の120,831台に比べ60,462台・50.0%の減少となり、19カ月連続で前年同月を下回った。

 3月の車種別生産台数と前年同月比は次のとおり。

  1. 原付第一種 − 10,275台で 6,506台・38.8%の減少。
  2. 原付第二種 − 3,151台で 3,660台・53.7%の減少。
  3. 軽二輪車 − 9,922台で 6,154台・38.3%の減少。
  4. 小型二輪車 − 37,021台で 44,142台・54.4%の減少。

 3月の国内需要(出荷)は48,548台で、前年同月比20.7%の減少であった。(うち原付第一種33,421台で前年同月比20.2%の減少、原付第二種7,787台で同12.0%の減少、軽二輪車4,203台で同25.9%の減少、小型二輪車3,137台で同35.3%の減少。)

 輸出は前年同月比62.2%。(実績)

 また、2008年度(4〜3月)の生産台数は1,085,504台で、前年度の1,560,892台に比べ475,388台・30.5%の減少となり、3年連続で前年度を下回った。

 2008年度の車種別生産台数と前年度比は次のとおり。

  1. 原付第一種 −153,222台で 80,620台・34.5%の減少。
  2. 原付第二種 −114,734台で 51,798台・31.1%の減少。
  3. 軽二輪車 −178,168台で 84,621台・32.2%の減少。
  4. 小型二輪車 −639,380台で 258,349台・28.8%の減少。

  2008年度の国内需要(出荷)は499,137台で、前年度の655,076台に比べ23.8%の減少となり、3年連続で前年度を下回った。
(うち原付第一種293,037台で前年度比31.0%の減少、原付第二種109,969台で同1.0%の増加、軽二輪車52,119台で同35.6%の減少、小型二輪車44,012台で同8.5%の増加。)

 2008年度の輸出は前年度比76.0%。(実績)

●2009.4.30 2009年3月分二輪車生産実績速報
●2009.4.30 2008年4〜2009年3月分二輪車生産実績速報
Copyright (C) Japan Automobile Manufacturers Association, Inc.