JAMA 一般社団法人日本自動車工業会 Englishヘルプサイトマップ    
自工会の概要リリース/会見データファイルライブラリー
ホーム > データファイル > 統計速報 > 生産 > 2009年10月の自動車生産実績

2009年10月の自動車生産実績
>ニュースリリース

四輪車
 10月の四輪車生産台数は820,910台で、前年同月の1,014,403台に比べ193,493台・19.1%の減少となり、13カ月連続で前年同月を下回った。
 乗用車の生産は714,365台で前年同月比17.3%の減少となり、13カ月連続のマイナス、トラックは97,697台で同29.7%の減少となり、13カ月連続のマイナス、バスは8,848台で同24.3%の減少となり、10カ月連続のマイナスとなった。

 10月の車種別生産台数と前年同月比は次のとおり。

  1. 乗用車−714,365台で149,306台・17.3%の減少。
    このうち普通車は386,549台で107,885台・21.8%の減少、小型四輪車は221,079台で22,402台・9.2%の減少、軽四輪車は106,737台で19,019台・15.1%の減少。

  2. トラック−97,697台で41,340台・29.7%の減少。
    このうち普通車は41,576台で25,343台・37.9%の減少、小型四輪車は20,056台で7,895台・28.2%の減少、軽四輪車は36,065台で8,102台・18.3%の減少。

  3. バス−8,848台で2,847台・24.3%の減少。
    このうち大型は867台で157台・22.1%の増加、小型は7,981台で3,004台・27.3%の減少。

 10月の国内需要は396,048台で前年同月比4.4%の増加であった。 (うち乗用車339,567台で前年同月比7.8%の増加、トラック55,611台で同12.3%の減少、バスは870台で同20.1%の減少。)

 輸出は前年同月比65.4%。(実績)

 また、1〜10月の生産累計は6,286,772台で、前年同期の9,994,486台に比べ3,707,714台・37.1%の減少であった。
 このうち乗用車は5,423,583台で3,139,407台・前年同期比36.7%の減少、トラックは793,254台で519,952台・同39.6%の減少、バスは69,935台で48,355台・同40.9%の減少であった。

●2009.11.30 2009年10月分四輪車生産実績速報

二輪車
 10月の二輪車生産台数は51,018台で、前年同月の120,123台に比べ69,105台・57.5%の減少となり、26カ月連続で前年同月を下回った。

 10月の車種別生産台数と前年同月比は次のとおり。

  1. 原付第一種 − 6,608台で 8,277台・ 55.6%の減少。
  2. 原付第二種 − 6,525台で 4,804台・ 42.4%の減少。
  3. 軽二輪車 − 12,198台で 8,579台・ 41.3%の減少。
  4. 小型二輪車 − 25,687台で 47,445台・ 64.9%の減少。

 10月の国内需要(出荷)は25,658台で、前年同月比27.7%の減少となった。(うち原付第一種16,101台で前年同月比34.0%の減少、原付第二種6,198台で同27.3%の増加、軽二輪車2,415台で同37.9%の減少、小型二輪車944台で同59.6%の減少。)

 輸出は前年同月比45.4%。(実績)

 また、1〜10月の生産累計は544,405台で、前年同期の1,003,099台に比べ458,694台・45.7%の減少であった。
 このうち原付第一種は98,867台で35,257台・前年同期比26.3%の減少、原付第二種は44,572台で69,622台・同61.0%の減少、軽二輪車は106,128台で53,537台・同33.5%の減少、小型二輪車は294,838台で300,278台・同50.5%の減少であった。

●2009.11.30 2009年10月分二輪車生産実績速報

Copyright (C) Japan Automobile Manufacturers Association, Inc.