JAMA 一般社団法人日本自動車工業会 Englishヘルプサイトマップ    
自工会の概要リリース/会見データファイルライブラリー
ホーム > データファイル > 統計速報 > 生産 > 2010年3月の自動車生産実績

2010年3月の自動車生産実績
>ニュースリリース

四輪車
 3月の四輪車生産台数は945,271台で、前年同月の552,071台に比べ393,200台・71.2%の増加となり、5カ月連続で前年同月を上回った。
 乗用車の生産は823,943台で前年同月比75.9%の増加となり、5カ月連続のプラス、トラックは110,768台で同42.3%の増加となり、4カ月連続のプラス、バスは10,560台で同83.8%の増加となり、2カ月連続のプラスとなった。

 3月の車種別生産台数と前年同月比は次のとおり。

  1. 乗用車−823,943台で355,474台・75.9%の増加。
    このうち普通車は463,841台で282,363台・155.6%の増加、小型四輪車は224,747台で61,228台・37.4%の増加、軽四輪車は135,355台で11,883台・9.6%の増加。

  2. トラック−110,768台で32,912台・42.3%の増加。
    このうち普通車は43,533台で20,217台・86.7%の増加、小型四輪車は23,960台で4,510台・23.2%の増加、軽四輪車は43,275台で8,185台・23.3%の増加。

  3. バス−10,560台で4,814台・83.8%の増加。
    このうち大型は1,165台で563台・93.5%の増加、小型は9,395台で4,251台・82.6%の増加。

 3月の国内需要は674,494台で、前年同月比23.5%の増加であった。 (うち乗用車580,337台で前年同月比25.2%の増加、トラック91,463台で同14.2%の増加、バス2,694台で同2.3%の増加。)

 輸出は前年同月比185.3%。(実績)

 また、2009年度(4〜3月)の生産台数は8,865,350台で、前年度の10,005,771台に比べ1,140,421台・11.4%の減少となり、2年連続で前年度を下回った。

 2009年度の車種別生産台数と前年度比は次のとおり。

  1. 乗用車−7,708,731台で845,668台・9.9%の減少。
    このうち普通車は4,140,564台で558,046台・11.9%の減少、 小型四輪車は2,304,576台で139,267台・5.7%の減少、軽四輪車は1,263,591台で148,355台・10.5%の減少。

  2. トラック−1,062,597台で267,280台・20.1%の減少。
    このうち普通車は422,015台で193,405台・31.4%の減少、小型四輪車は226,115台で62,230台・21.6%の減少、軽四輪車は414,467台で11,645台・2.7%の減少。

  3. バス−94,022台で27,473台・22.6%の減少。
    このうち大型は10,225台で81台・0.8%の減少、小型は83,797台で27,392台・24.6%の減少。

 2009年度の国内需要は4,880,265台で、前年度の4,700,779台に比べ3.8%の増加となり、4年ぶりに前年度を上回った。
(うち乗用車4,175,456台で前年度比6.8%の増加、トラック692,035台で同10.9%の減少、バス12,774台で同14.7%の減少。)

 2009年度の輸出は前年度比72.9%。(実績)

●2010.4.30 2010年3月分四輪車生産実績速報
●2010.4.30 2009年4〜2010年3月分四輪車生産実績速報

二輪車
 3月の二輪車生産台数は64,711台で、前年同月の60,369台に比べ4,342台・7.2%の増加となり、31カ月ぶりに前年同月を上回った。

 3月の車種別生産台数と前年同月比は次のとおり。

  1. 原付第一種 − 7,396台で 2,879台・28.0%の減少。
  2. 原付第二種 − 4,956台で 1,805台・57.3%の増加。
  3. 軽二輪車 − 8,270台で 1,652台・16.6%の減少。
  4. 小型二輪車 − 44,089台で 7,068台・19.1%の増加。

 3月の国内需要(出荷)は42,461台で、前年同月比12.5%の減少であった。(うち原付第一種28,189台で前年同月比15.7%の減少、原付第二種7,500台で同3.7%の減少、軽二輪車2,912台で同30.7%の減少、小型二輪車3,860台で同23.0%の増加。)

 輸出は前年同月比82.5%。(実績)

 また、2009年度(4〜3月)の生産台数は604,823台で、前年度の1,085,504台に比べ480,681台・44.3%の減少となり、4年連続で前年度を下回った。

 2009年度の車種別生産台数と前年度比は次のとおり。

  1. 原付第一種 −91,940台で 61,282台・40.0%の減少。
  2. 原付第二種 −65,509台で 49,225台・42.9%の減少。
  3. 軽二輪車 −116,281台で 61,887台・34.7%の減少。
  4. 小型二輪車 −331,093台で 308,287台・48.2%の減少。

 2009年度の国内需要(出荷)は374,482台で、前年度の499,137台に比べ25.0%の減少となり、4年連続で前年度を下回った。
(うち原付第一種239,144台で前年度比18.4%の減少、原付第二種78,020台で同29.1%の減少、軽二輪車35,119台で同32.6%の減少、小型二輪車22,199台で同49.6%の減少。)

 2009年度の輸出は前年度比52.4%。(実績)

●2010.4.30 2010年3月分二輪車生産実績速報
●2010.4.30 2009年4〜2010年3月分二輪車生産実績速報
Copyright (C) Japan Automobile Manufacturers Association, Inc.