JAMA 一般社団法人日本自動車工業会 Englishヘルプサイトマップ  
自工会の概要リリース/会見データファイルライブラリー
ホーム > データファイル > 統計速報 > 生産 > 2010年7月の自動車生産実績

2010年7月の自動車生産実績
>ニュースリリース

四輪車
 7月の四輪車生産台数は866,762台で、前年同月の742,247台に比べ124,515台・16.8%の増加となり、9カ月連続で前年同月を上回った。
 乗用車の生産は746,248台で前年同月比16.0%の増加となり、9カ月連続のプラス、トラックは110,846台で同21.9%の増加となり、8カ月連続のプラス、バスは9,668台で同24.7%の増加となり、6カ月連続のプラスとなった。

 7月の車種別生産台数と前年同月比は次のとおり。

  1. 乗用車−746,248台で102,663台・16.0%の増加。
    このうち普通車は440,134台で92,106台・26.5%の増加、小型四輪車は196,222台で750台・0.4%の増加、軽四輪車は109,892台で9,807台・9.8%の増加。

  2. トラック−110,846台で19,934台・21.9%の増加。
    このうち普通車は50,609台で14,653台・40.8%の増加、小型四輪車は20,757台で2,111台・11.3%の増加、軽四輪車は39,480台で3,170台・8.7%の増加。

  3. バス−9,668台で1,918台・24.7%の増加。
    このうち大型は923台で43台・4.5%の減少、小型は8,745台で1,961台・28.9%の増加。

 7月の国内需要は486,606台で前年同月比12.9%の増加であった。 (うち乗用車420,594台で前年同月比12.9%の増加、トラック64,926台で同12.7%の増加、バスは1,086台で同20.9%の増加。)

 輸出は前年同月比124.4%。(実績)

 また、1〜7月の生産累計は5,708,712台で、前年同期の4,063,675台に比べ1,645,037台・40.5%の増加であった。
 このうち乗用車は4,934,579台で1,440,748台・前年同期比41.2%の増加、トラックは709,425台で184,285台・同35.1%の増加、バスは64,708台で20,004台・同44.7%の増加であった。

●2010.8.31 2010年7月分四輪車生産実績速報

二輪車
 7月の二輪車生産台数は51,618台で、前年同月の48,448台に比べ3,170台・6.5%の増加となり、5カ月連続で前年同月を上回った。

 7月の車種別生産台数と前年同月比は次のとおり。

  1. 原付第一種 − 8,923台で 2,620台・ 22.7%の減少。
  2. 原付第二種 − 6,918台で 1,396台・ 25.3%の増加。
  3. 軽二輪車 − 10,511台で 2,350台・ 18.3%の減少。
  4. 小型二輪車 − 25,266台で 6,744台・ 36.4%の増加。

 7月の国内需要(出荷)は30,631台で、前年同月比5.8%の減少となった。(うち原付第一種19,372台で前年同月比11.9%の減少、原付第二種5,548台で同18.9%の増加、軽二輪車2,725台で同31.8%の減少、小型二輪車2,986台で同58.7%の増加。)

 輸出は前年同月比116.5%。(実績)

 また、1〜7月の生産累計は388,079台で、前年同期の409,429台に比べ21,350台・5.2%の減少であった。
 このうち原付第一種は49,610台で28,358台・前年同期比36.4%の減少、原付第二種は42,694台で15,687台・同58.1%の増加、軽二輪車は59,670台で7,587台・同11.3%の減少、小型二輪車は236,105台で1,092台・同0.5%の減少であった。

●2010.8.31 2010年7月分二輪車生産実績速報

Copyright (C) Japan Automobile Manufacturers Association, Inc.