JAMA 一般社団法人日本自動車工業会 Englishヘルプサイトマップ  
自工会の概要リリース/会見データファイルライブラリー
ホーム > データファイル > 統計速報 > 生産 > 2011年7月の自動車生産実績

2011年7月の自動車生産実績
>ニュースリリース

四輪車
 7月の四輪車生産台数は790,325台で、前年同月の867,242台に比べて76,917台・8.9%の減少となり、10ヵ月連続で前年同月を下回った。

 7月の車種別生産台数と前年同月比は次のとおり。

  1. 乗用車−669,331で77,397台・10.4%の減少となり、10ヵ月連続のマイナス。このうち普通車は382,901台で57,713台・13.1%の減少、小型四輪車は186,422台で9,800台・5.0%の減少、軽四輪車は100,008台で9,884台・9.0%の減少。

  2. トラック−109,607台で1,239台・1.1%の減少となり、2ヵ月ぶりのマイナス。このうち普通車は50,736台で127台・0.3%の増加、小型四輪車は23,237台で2,480台・11.9%の増加、軽四輪車は35,634台で3,846台・9.7%の減少。

  3. バス−11,387台で1,719台・17.8%の増加となり、2ヵ月連続のプラス。このうち大型は947台で24台・2.6%の増加、小型は10,440台で1,695台・19.4%の増加。

 7月の国内需要は373,058台で、前年同月比23.3%の減少であった。(うち乗用車312,835台で前年同月比25.6%の減少、トラック59,297台で同8.7%の減少、バス926台で同14.7%の減少。)

 輸出は前年同月比97.0%。(実績)

 また、1〜7月の生産累計は4,220,359台で、前年同期の5,711,012台に比べ1,490,653台・26.1%の減少であった。
 このうち乗用車は3,594,518台で1,342,361台・前年同期比27.2%の減少、トラックは574,266台で135,159台・同19.1%の減少、バスは51,575台で13,133台・同20.3%の減少であった。

●2011.8.31 2011年7月分四輪車生産実績速報

二輪車
 7月の二輪車生産台数は56,896台で、前年同月の51,618台に比べ5,278台・10.2%の増加となり、3ヵ月連続で前年同月を上回った。

 7月の車種別生産台数と前年同月比は次のとおり。

  1. 原付第一種 − 10,677台で 1,754台・ 19.7%の増加。
  2. 原付第二種 − 6,552台で 366台・ 5.3%の減少。
  3. 軽二輪車 − 13,206台で 2,695台・ 25.6%の増加。
  4. 小型二輪車 − 26,461台で 1,195台・ 4.7%の増加。

 7月の国内需要(出荷)は38,482台で、前年同月比25.6%の増加となった。(うち原付第一種20,520台で前年同月比5.9%の増加、原付第二種12,382台で同123.2%の増加、軽二輪車3,623台で同33.0%の増加、小型二輪車1,957台で同34.5%の減少。)

 輸出は前年同月比119.0%。(実績)

 また、1〜7月の生産累計は359,491台で、前年同期の388,079台に比べ28,588台・7.4%の減少であった。
 このうち原付第一種は65,588台で15,978台・前年同期比32.2%の増加、原付第二種は33,260台で9,434台・同22.1%の減少、軽二輪車は53,832台で5,838台・同9.8%の減少、小型二輪車は206,811台で29,294台・同12.4%の減少であった。

●2011.8.31 2011年7月分二輪車生産実績速報

Copyright (C) Japan Automobile Manufacturers Association, Inc.