JAMA 一般社団法人日本自動車工業会 Englishヘルプサイトマップ    
自工会の概要リリース/会見データファイルライブラリー
ホーム > データファイル > 統計速報 > 生産 > 2012年3月の自動車生産実績

2012年3月の自動車生産実績
>ニュースリリース

四輪車
 3月の四輪車生産台数は984,567台で、前年同月の403,937台に比べて580,630台・243.7%の増加となり、6ヵ月連続で前年同月を上回った。

 3月の車種別生産台数と前年同月比は次のとおり。

  1. 乗用車−857,579台で509,105台・246.1%の増加となり、6ヵ月連続のプラス。このうち普通車は459,959台で252,978台・222.2%の増加、小型四輪車は244,621台で154,432台・271.2%の増加、軽四輪車は152,999台で101,695台・298.2%の増加。

  2. トラック−116,049台で65,268台・228.5%の増加となり、6ヵ月連続のプラス。このうち普通車は55,012台で34,527台・268.5%の増加、小型四輪車は26,033台で15,369台・244.1%の増加、軽四輪車は35,004台で15,372台・178.3%の増加。

  3. バス−10,939台で6,257台・233.6%の増加となり、2ヵ月ぶりにプラス。このうち大型は1,081台で482台・180.5%の増加、小型は9,858台で5,775台・241.4%の増加。

 3月の国内需要は751,888台で、前年同月比171.8%の増加であった。(うち乗用車640,916台で前年同月比176.3%の増加、トラック108,498台で同150.7%の増加、バス2,474台で同121.5%の増加。)

 輸出は前年同月比138.3%。(実績)

 また、2011年度(4〜3月)の生産台数は9,267,037台で、前年度の8,993,897台に比べ273,140台・3.0%の増加となり、2年連続で前年度を上回った。

 2011年度の車種別生産台数と前年度比は次のとおり。

  1. 乗用車−7,911,073台で170,010台・2.2%の増加。
    このうち普通車は4,519,486台で66,402台・1.4%の減少、 小型四輪車は2,107,442台で151,214台・7.7%の増加、軽四輪車は1,284,145台で85,198台・7.1%の増加。

  2. トラック−1,244,813台で97,951台・8.5%の増加。
    このうち普通車は562,598台で61,709台・12.3%の増加、小型四輪車は253,656台で24,848台・10.9%の増加、軽四輪車は428,559台で11,394台・2.7%の増加。

  3. バス− 111,151台で5,179台・4.9%の増加。
    このうち大型は9,685台で228台・2.3%の減少、小型は101,466台で5,407台・5.6%の増加。

 2011年度の国内需要は4,753,273台で、前年度の4,601,135台に比べ3.3%の増加となり、2年ぶりに前年度を上回った。
(うち乗用車4,009,988台で前年度比3.3%の増加、トラック732,158台で同3.2%の増加、バス11,127台で同2.9%の減少。)

 2011年度の輸出は前年度比96.2%。(実績)

●2012.4.27 2012年3月分四輪車生産実績速報
●2012.4.27 2011年4〜2012年3月分四輪車生産実績速報

二輪車
 3月の二輪車生産台数は63,033台で、前年同月の37,841台に比べ25,192台・66.6%の増加となり、4ヵ月連続で前年同月を上回った。

 3月の車種別生産台数と前年同月比は次のとおり。

  1. 原付第一種 − 9,890台で 3,757台 ・ 61.3%の増加。
  2. 原付第二種 − 6,128台で 3,694台 ・ 151.8%の増加。
  3. 軽二輪車 − 6,321台で 1,441台 ・ 29.5%の増加。
  4. 小型二輪車 − 40,694台で 16,300台 ・ 66.8%の増加。

 3月の国内需要(出荷)は46,132台で、前年同月比21.9%の増加となった。(うち原付第一種29,780台で前年同月比21.0%の増加、原付第二種10,563台で同29.9%の増加、軽二輪車3,209台で同0.6%の減少、小型二輪車2,580台で同36.6%の増加。)

 輸出は前年同月比120.0%。(実績)

 また、2011年度(4〜3月)の生産台数は678,949台で、前年度の633,925台に比べ45,024台・7.1%の増加となり、2年連続で前年度を上回った。

 2011年度の車種別生産台数と前年度比は次のとおり。

  1. 原付第一種 −107,362台で 13,755台 ・ 14.7%の増加。
  2. 原付第二種 −64,665台で 10,116台 ・ 13.5%の減少。
  3. 軽二輪車 −108,107台で 5,885台 ・ 5.8%の増加。
  4. 小型二輪車 −398,815台で 35,500台 ・ 9.8%の増加。

 2011年度の国内需要(出荷)は407,567台で、前年度の379,650台に比べ7.4%の増加となり、2年連続で前年度を上回った。
(うち原付第一種257,314台で前年度比9.6%の増加、原付第二種95,187台で同1.9%の増加、軽二輪車33,148台で同25.1%の増加、小型二輪車21,918台で同12.2%の減少。)

 2011年度の輸出は前年度比105.5%。(実績)

●2012.4.27 2012年3月分二輪車生産実績速報
●2012.4.27 2011年4〜2012年3月分二輪車生産実績速報
Copyright (C) Japan Automobile Manufacturers Association, Inc.