JAMA 一般社団法人日本自動車工業会 Englishヘルプサイトマップ  
自工会の概要リリース/会見データファイルライブラリー
ホーム > データファイル > 統計速報 > 生産 > 2012年7月の自動車生産実績

2012年7月の自動車生産実績
>ニュースリリース

四輪車
 7月の四輪車生産台数は922,685台で、前年同月の790,325台に比べて132,360台・16.7%の増加となり、10ヵ月連続で前年同月を上回った。

 7月の車種別生産台数と前年同月比は次のとおり。

  1. 乗用車−799,253台で129,922台・19.4%の増加となり、10ヵ月連続のプラス。このうち普通車は431,971台で49,070台・12.8%の増加、小型四輪車は215,185台で28,763台・15.4%の増加、軽四輪車は152,097台で52,089台・52.1%の増加。

  2. トラック−113,363台で3,756台・3.4%の増加となり、10ヵ月連続のプラス。このうち普通車は51,480台で744台・1.5%の増加、小型四輪車は26,554台で3,317台・14.3%の増加、軽四輪車は35,329台で305台・0.9%の減少。

  3. バス−10,069台で1,318台・11.6%の減少となり、2ヵ月連続のマイナス。このうち大型は829台で118台・12.5%の減少、小型は9,240台で1,200台・11.5%の減少。

 7月の国内需要は513,125台で、前年同月比37.5%の増加であった。
(うち乗用車445,239台で前年同月比42.3%の増加、トラック67,099台で同13.2%の増加、バス787台で同15.0%の減少。)

 輸出は前年同月比1.8%の増加。(実績)

 また、1〜7月の生産累計は6,170,689台で、前年同期の4,220,359台に比べ1,950,330台・46.2%の増加であった。
 このうち乗用車は5,329,570台で1,735,052台・前年同期比48.3%の増加、トラックは771,592台で197,326台・同34.4%の増加、バスは69,527台で17,952台・同34.8%の増加であった。

●2012.8.31 2012年7月分四輪車生産実績速報

二輪車
 7月の二輪車生産台数は44,885台で、前年同月の56,896台に比べ12,011台・21.1%の減少となり、3ヵ月連続で前年同月を下回った。

 7月の車種別生産台数と前年同月比は次のとおり。

  1. 原付第一種 − 6,827台で 3,850台 ・ 36.1%の減少。
  2. 原付第二種 − 4,159台で 2,393台 ・ 36.5%の減少。
  3. 軽二輪車 − 9,917台で 3,289台 ・ 24.9%の減少。
  4. 小型二輪車 − 23,982台で 2,479台 ・ 9.4%の減少。

 7月の国内需要(出荷)は32,157台で、前年同月比16.4%の減少となった。
(うち原付第一種19,602台で前年同月比4.5%の減少、原付第二種5,936台で同52.1%の減少、軽二輪車4,125台で同13.9%の増加、小型二輪車2,494台で同27.4%の増加。)

 輸出は前年同月比23.5%の減少。(実績)

 また、1〜7月の生産累計は362,859台で、前年同期の359,691台に比べ3,168台・0.9%の増加であった。
 このうち原付第一種は56,607台で8,981台・前年同期比13.7%の減少、原付第二種は26,209台で7,051台・同21.2%の減少、軽二輪車は53,344台で688台・同1.3%の減少、小型二輪車は226,699台で19,888台・同9.6%の増加であった。

●2012.8.31 2012年7月分二輪車生産実績速報

Copyright (C) Japan Automobile Manufacturers Association, Inc.