JAMA 一般社団法人日本自動車工業会 Englishヘルプサイトマップ    
自工会の概要リリース/会見データファイルライブラリー
ホーム > データファイル > 統計速報 > 生産 > 2012年10月の自動車生産実績

2012年10月の自動車生産実績
>ニュースリリース

四輪車
 10月の四輪車生産台数は792,166台で、前年同月の904,246台に比べて112,080台・12.4%の減少となり、2ヵ月連続で前年同月を下回った。

 10月の車種別生産台数と前年同月比は次のとおり。

  1. 乗用車−680,333台で93,361台・12.1%の減少となり、2ヵ月連続のマイナス。このうち普通車は377,155台で73,828台・16.4%の減少、小型四輪車は175,240台で34,926台・16.6%の減少、軽四輪車は127,938台で15,393台・13.7%の増加。

  2. トラック− 100,601台で19,434台・16.2%の減少となり、2ヵ月連続のマイナス。このうち普通車は46,085台で9,637台・17.3%の減少、小型四輪車は22,603台で1,541台・6.4%の減少、軽四輪車は31,913台で8,256台・20.6%の減少。

  3. バス− 11,232台で715台・6.8%の増加となり、5ヵ月ぶりにプラス。このうち大型は951台で94台・11.0%の増加、小型は10,281台で621台・6.4%の増加。

 10月の国内需要は359,333台で、前年同月比5.7%の減少であった。
(うち乗用車299,334台で前年同月比6.7%の減少、トラック59,271台で同0.6%の減少、バス728台で同0.8%の減少。)

 輸出は前年同月比18.5%の減少。(実績)

 また、1〜10月の生産累計は8,472,805台で、前年同期の6,712,252台に比べ1,760,553台・26.2%の増加であった。
 このうち乗用車は7,306,745台で1,577,601台・前年同期比27.5%の増加、トラックは1,065,448台で165,380台・同18.4%の増加、バスは100,612台で17,572台・同21.2%の増加であった。

●2012.11.30 2012年10月分四輪車生産実績速報

二輪車
 10月の二輪車生産台数は47,429台で、前年同月の56,220台に比べて8,791台・15.6%の減少となり、6ヵ月連続で前年同月を下回った。

 10月の車種別生産台数と前年同月比は次のとおり。

  1. 原付第一種 − 6,310台で 671台・ 9.6%の減少。
  2. 原付第二種 − 2,927台で 3,668台・55.6%の減少。
  3. 軽二輪車 − 6,306台で 3,597台・36.3%の減少。
  4. 小型二輪車 − 31,886台で 855台・ 2.6%の減少。

 10月の国内需要(出荷)は32,583台で、前年同月比8.0%の増加となった。(うち原付第一種18,997台で前年同月比14.9%の増加、原付第二種8,743台で同5.9%の減少、軽二輪車3,178台で同25.1%の増加、小型二輪車1,665台で同6.9%の減少。)

 輸出は前年同月比16.2%の減少。(実績)

 また、1〜10月の生産累計は502,371台で、前年同期の521,647台に比べ19,276台・3.7%の減少であった。
 このうち原付第一種は77,905台で11,982台・前年同期比13.3%の減少、原付第二種は35,985台で20,782台・同36.6%の減少、軽二輪車は79,304台で7,421台・同8.6%の減少、小型二輪車は309,177台で20,909台・同7.3%の増加であった。

●2012.11.30 2012年10月分二輪車生産実績速報

Copyright (C) Japan Automobile Manufacturers Association, Inc.