JAMA 一般社団法人日本自動車工業会 Englishヘルプサイトマップ    
自工会の概要リリース/会見データファイルライブラリー
ホーム > データファイル > 統計速報 > 生産 > 2013年10月の自動車生産実績

2013年10月の自動車生産実績
>ニュースリリース

四輪車
 10月の四輪車生産台数は871,434台で、前年同月の791,386台に比べて80,048台・10.1%の増加となり、2ヵ月連続で前年同月を上回った。

 10月の車種別生産台数と前年同月比は次のとおり。

  1. 乗用車− 744,908台で65,355台・9.6%の増加となり、2ヵ月連続のプラス。このうち普通車は431,472台で55,097台・14.6%の増加、小型四輪車は169,204台で6,036台・3.4%の減少、軽四輪車は144,232台で16,294台・12.7%の増加。

  2. トラック− 115,607台で15,006台・14.9%の増加となり、4ヵ月連続のプラス。このうち普通車は49,540台で3,455台・7.5%の増加、小型四輪車は24,664台で2,061台・9.1%の増加。軽四輪車は41,403台で9,490台・29.7%の増加。

  3. バス− 10,919台で313台・2.8%の減少となり、7ヵ月ぶりにマイナス。このうち大型は904台で47台・4.9%の減少、小型は10,015台で266台・2.6%の減少。

 10月の国内需要は421,670台で、前年同月比17.3%の増加であった。
(うち乗用車354,497台で前年同月比18.4%の増加、トラック66,355台で同12.0%の増加、バス818台で同12.4%の増加。)

 輸出は前年同月比6.5%の増加。(実績)

 また、1〜10月の生産累計は7,997,055台で、前年同期の8,474,085台に比べ477,030台・5.6%の減少であった。
 このうち乗用車は6,802,157台で505,848台・前年同期比6.9%の減少、トラックは1,082,873台で17,405台・同1.6%の増加、バスは112,025台で11,413台・同11.3%の増加であった。

●2013.11.29 2013年10月分四輪車生産実績速報

二輪車
 10月の二輪車生産台数は52,921台で、前年同月の47,429台に比べ5,492台・11.6%の増加となり、2ヵ月連続で前年同月を上回った。

 10月の車種別生産台数と前年同月比は次のとおり。

  1. 原付第一種 − 6,148台で 162台 ・ 2.6%の減少。
  2. 原付第二種 − 2,978台で 51台 ・ 1.7%の増加。
  3. 軽二輪車 − 8,169台で 1,863台 ・ 29.5%の増加。
  4. 小型二輪車 − 35,626台で 3,740台 ・ 11.7%の増加。

 10月の国内需要(出荷)は36,201台で、前年同月比11.1%の増加となった。(うち原付第一種17,851台で前年同月比6.0%の減少、原付第二種12,168台で同39.2%の増加、軽二輪車3,842台で同20.9%の増加、小型二輪車2,340台で同40.5%の増加。)

 輸出は前年同月比11.0%の増加。(実績)

 また、1〜10月の生産累計は452,444台で、前年同期の502,371台に比べ49,927台・9.9%の減少であった。
 このうち原付第一種は61,081台で16,824台・前年同期比21.6%の減少、原付第二種22,268台で13,717台・同38.1%の減少、軽二輪車は73,118台で6,186台・同7.8%の減少、小型二輪車は295,977台で13,200台・同4.3%の減少であった。

●2013.11.29 2013年10月分二輪車生産実績速報

Copyright (C) Japan Automobile Manufacturers Association, Inc.