JAMA 一般社団法人日本自動車工業会 Englishヘルプサイトマップ    
自工会の概要リリース/会見データファイルライブラリー
ホーム > データファイル > 統計速報 > 生産 > 2014年1月の自動車生産実績

2014年1月の自動車生産実績
>ニュースリリース

四輪車
 1月の四輪車生産台数は860,803台で、前年同月の751,582台に比べて109,221台・14.5%の増加となり、5ヵ月連続で前年同月を上回った。

 1月の車種別生産台数と前年同月比は次のとおり。

  1. 乗用車−737,976台で97,805台・15.3%の増加となり、5ヵ月連続のプラス。
    このうち普通車は406,429台で44,819台・12.4%の増加、小型四輪車は159,346台で10,219台・6.9%の増加、軽四輪車は172,201台で42,767台・33.0%の増加。

  2. トラック−110,275台で9,807台・9.8%の増加となり、7ヵ月連続のプラス。
    このうち普通車は47,221台で1,826台・4.0%の増加、小型四輪車は27,291台で4,646台・20.5%の増加。軽四輪車は35,763台で3,335台・10.3%の増加。

  3. バス−12,552台で1,609台・14.7%の増加となり、2ヵ月連続のプラス。
    このうち大型は730台で58台・7.4%の減少、小型は11,822台で1,667台・16.4%の増加。

 1月の国内需要は496,105台で、前年同月比29.4%の増加であった。
(うち乗用車433,616台で前年同月比30.6%の増加、トラック61,908台で同21.8%の増加、バス581台で同4.6%の減少。)

 輸出は前年同月比4.9%の減少。(実績)

 また、4〜1月の生産累計は8,109,077台で、前年同期の7,920,558台に比べ188,519台・2.4%の増加であった。
 このうち乗用車は6,896,533台で98,224台・前年同期比1.4%の増加、トラックは1,100,681台で80,722台・同7.9%の増加、バスは111,863台で9,573台・同9.4%の増加であった。

●2014.2.28 2014年1月分四輪車生産実績速報

二輪車
 1月の二輪車生産台数は57,096台で、前年同月の49,112台に比べ7,984台・16.3%の増加となり、5ヵ月連続で前年同月を上回った。

 1月の車種別生産台数と前年同月比は次のとおり。

  1. 原付第一種 − 6,551台で 536台 ・ 7.6%の減少。
  2. 原付第二種 − 2,144台で 4台 ・ 0.2%の減少。
  3. 軽二輪車 − 6,608台で 1,425台 ・ 27.5%の増加。
  4. 小型二輪車 − 41,793台で 7,099台 ・ 20.5%の増加。

 1月の国内需要(出荷)は31,040台で、前年同月比13.6%の増加となった。(うち原付第一種16,698台で前年同月比9.2%の減少、原付第二種7,441台で同56.4%の増加、軽二輪車4,322台で同37.7%の増加、小型二輪車2,579台で同147.3%の増加。)

 輸出は前年同月比12.5%の増加。(実績)

 また、4〜1月の生産累計は469,308で、前年同期の454,196台に比べ15,112台・3.3%の増加であった。
 このうち原付第一種は62,206で10,537台・前年同期比14.5%の減少、原付第二種24,244台で5,707台・同19.1%の減少、軽二輪車は78,159台で1,967台・同2.6%の増加、小型二輪車は304,699台で29,389台・同10.7%の増加であった。

●2014.2.28 2014年1月分二輪車生産実績速報
Copyright (C) Japan Automobile Manufacturers Association, Inc.