JAMA 一般社団法人日本自動車工業会 Englishヘルプサイトマップ    
自工会の概要リリース/会見データファイルライブラリー
ホーム > データファイル > 統計速報 > 生産 > 2014年3月の自動車生産実績

2014年3月の自動車生産実績
>ニュースリリース

四輪車
 3月の四輪車生産台数は939,761台で、前年同月の824,114台に比べて115,647台・14.0%の増加となり、7ヵ月連続で前年同月を上回った。

 3月の車種別生産台数と前年同月比は次のとおり。

  1. 乗用車−805,469台で104,506台・14.9%の増加となり、7ヵ月連続のプラス。
    このうち普通車は423,564台で33,571台・8.6%の増加、小型四輪車は183,284台で17,435台・10.5%の増加、軽四輪車は198,621台で53,500台・36.9%の増加。

  2. トラック−123,099台で10,708台・9.5%の増加となり、9ヵ月連続のプラス。
    このうち普通車は52,449台で1,637台・3.2%の増加、小型四輪車は30,836台で3,919台・14.6%の増加。軽四輪車は39,814台で5,152台・14.9%の増加。

  3. バス−11,193台で433台・4.0%の増加となり、4ヵ月連続のプラス。
    このうち大型は852台で71台・7.7%の減少、小型は10,341台で504台・5.1%の増加。

 3月の国内需要は783,389台で、前年同月比17.4%の増加であった。
(うち乗用車665,990台で前年同月比16.7%の増加、トラック114,933台で同21.8%の増加、バス2,466台で同18.3%の増加。)

 輸出は前年同月比0.6%の減少。(実績)

 また、2013年度(4〜3月)の生産台数は9,912,341台で、前年度の9,550,883台に比べ361,458台・3.8%の増加となり、4年連続で前年度を上回った。

 2013年度の車種別生産台数と前年度比は次のとおり。

  1. 乗用車−8,443,378台で254,474台・3.1%の増加。このうち普通車は4,718,155台で209,229台・4.6%の増加、 小型四輪車は1,917,691台で150,389台・7.3%の減少、軽四輪車は1,807,532台で195,634台・12.1%の増加。

  2. トラック−1,333,883台で96,621台・7.8%の増加。
    このうち普通車は583,861台で10,634台・1.9%の増加、小型四輪車は312,319台で33,773台・12.1%の増加、軽四輪車は437,703台で52,214台・13.5%の増加。

  3. バス− 135,080台で10,363台・8.3%の増加。
    このうち大型は9,398台で1,104台・10.5%の減少、小型は125,682台で11,467台・10.0%の増加。

 2013年度の国内需要は5,692,167台で、前年度の5,210,290台に比べ9.2%の増加となり、3年連続で前年度を上回った。
(うち乗用車4,836,751台で前年度比9.0%の増加、トラック843,644台で同11.0%の増加、バス11,772台で同4.9%の増加。)

 2013年度の輸出は前年度比0.6%の減少。(実績)

●2014.4.30 2014年3月分四輪車生産実績速報
●2014.4.30 2013年4〜2014年3月分四輪車生産実績速報

二輪車
 3月の二輪車生産台数は57,388台で、前年同月の50,571台に比べ6,817台・13.5%の増加となり、7ヵ月連続で前年同月を上回った。

 3月の車種別生産台数と前年同月比は次のとおり。

  1. 原付第一種 − 6,416台で 898台・ 16.3%の増加。
  2. 原付第二種 − 2,280台で 565台・ 32.9%の増加。
  3. 軽二輪車 − 7,060台で 1,519台・ 27.4%の増加。
  4. 小型二輪車 − 41,632台で 3,835台・ 10.1%の増加。

 3月の国内需要(出荷)は54,181台で、前年同月比16.3%の増加となった。
(うち原付第一種32,440台で前年同月比9.4%の増加、原付第二種9,785台で同0.4%の増加、軽二輪車6,735台で同59.7%の増加、小型二輪車5,221台で同77.2%の増加。)

 輸出は前年同月比3.2%の増加。(実績)

 また、2013年度(4〜3月)の生産台数は583,199台で、前年度の556,181台に比べ27,018台・4.9%の増加となり、2年ぶりで前年度を上回った。

 2013年度の車種別生産台数と前年度比は次のとおり。

  1. 原付第一種 −74,475台で 10,466台 ・ 12.3%の減少。
  2. 原付第二種 −28,677台で 4,696台 ・ 14.1%の減少。
  3. 軽二輪車 −92,925台で 5,359台 ・ 6.1%の増加。
  4. 小型二輪車 −387,122台で 36,821台 ・ 10.5%の増加。

 2013年度の国内需要(出荷)は438,518台で、前年度の402,280台に比べ9.0%の増加となり、2年ぶりで前年度を上回った。
(うち原付第一種245,156台で前年度比1.0%の減少、原付第二種102,957台で同18.5%の増加、軽二輪車53,420台で同24.7%の増加、小型二輪車36,985台で同48.5%の増加。)

 2013年度の輸出は前年度比0.4%の減少。(実績)

●2014.4.30 2014年3月分二輪車生産実績速報
●2014.4.30 2013年4〜2014年3月分二輪車生産実績速報
Copyright (C) Japan Automobile Manufacturers Association, Inc.