JAMA 一般社団法人日本自動車工業会 Englishヘルプサイトマップ    
自工会の概要リリース/会見データファイルライブラリー
ホーム > データファイル > 統計速報 > 生産 > 2014年4月の自動車生産実績

2014年4月の自動車生産実績
>ニュースリリース

四輪車
 4月の四輪車生産台数は770,484台で、前年同月の745,320台に比べて25,164台・3.4%の増加となり、8ヵ月連続で前年同月を上回った。

 4月の車種別生産台数と前年同月比は次のとおり。

  1. 乗用車−652,490台で20,806台・3.3%の増加となり、8ヵ月連続のプラス。このうち普通車は364,764台で4,137台・1.1%の減少、小型四輪車は136,270台で54台・0.04%の減少、軽四輪車は151,456台で24,997台・19.8%の増加。

  2. トラック−107,563台で5,144台・5.0%の増加となり、10ヵ月連続のプラス。このうち普通車は47,440台で2,444台・5.4%の増加、小型四輪車は25,896台で2,577台・11.1%の増加。軽四輪車は34,227台で123台・0.4%の増加。

  3. バス−10,431台で786台・7.0%の減少となり、5ヵ月ぶりにマイナス。
    このうち大型は731台で39台・5.6%の増加、小型は9,700台で825台・7.8%の減少。

 4月の国内需要は345,226台で、前年同月比5.5%の減少であった。
(うち乗用車292,826台で前年同月比5.1%の減少、トラック51,757台で同7.1%の減少、バス643台で同28.6%の減少。)

 輸出は前年同月比5.4%の減少。(実績)

 また、1〜4月の生産累計は3,434,613台で、前年同期の3,127,227台に比べ307,386台・9.8%の増加であった。
 このうち乗用車は2,937,311台で274,861台・前年同期比10.3%の増加、トラックは451,102台で30,912台・同7.4%の増加、バスは46,200台で1,613台・同3.6%の増加であった。

●2014.5.30 2014年4月分四輪車生産実績速報

二輪車
 4月の二輪車生産台数は40,713台で、前年同月の40,177台に比べ536台・1.3%の増加となり、8ヵ月連続で前年同月を上回った。

 4月の車種別生産台数と前年同月比は次のとおり。

  1. 原付第一種 −5,409台で 457台 ・ 9.2%の増加。
  2. 原付第二種 − 2,852台で 870台 ・ 43.9%の増加。
  3. 軽二輪車 − 6,156台で 1,317台 ・ 17.6%の減少。
  4. 小型二輪車 − 26,296台で 526台 ・ 2.0%の増加。

 4月の国内需要(出荷)は32,484台で、前年同月比9.0%の減少となった。(うち原付第一種18,151台で前年同月比13.5%の減少、原付第二種6,356台で同4.5%の減少、軽二輪車3,675台で同21.1%の減少、小型二輪車4,302台で同26.9%の増加。)

 輸出は前年同月比8.7%の増加。(実績)

 また、1〜4月の生産累計は211,710台で、前年同期の191,274台に比べ20,436台・10.7%の増加であった。
 このうち原付第一種は24,239台で2台・前年同期比0.01%の増加、原付第二種9,429台で1,877台・同24.9%の増加、軽二輪車は27,530台で3,500台・同14.6%の増加、小型二輪車は150,512台で15,057台・同11.1%の増加であった。

●2014.5.30 2014年4月分二輪車生産実績速報

Copyright (C) Japan Automobile Manufacturers Association, Inc.