JAMA 社団法人日本自動車工業会 Englishヘルプサイトマップ    
自工会の概要リリース/会見データファイルライブラリー
ホーム > データファイル > 統計速報 > 生産 > 2014年5月の自動車生産実績

2014年5月の自動車生産実績
>ニュースリリース

四輪車
 5月の四輪車生産台数は774,039台で、前年同月の729,692台に比べて44,347台・6.1%の増加となり、9ヵ月連続で前年同月を上回った。

 5月の車種別生産台数と前年同月比は次のとおり。

  1. 乗用車−655,032台で37,873台・6.1%の増加となり、9ヵ月連続のプラス。このうち普通車は362,132台で247台・0.1%の増加、小型四輪車は139,774台で10,526台・8.1%の増加、軽四輪車は153,126台で27,100台・21.5%の増加。

  2. トラック−108,743台で7,119台・7.0%の増加となり、11ヵ月連続のプラス。このうち普通車は47,291台で917台・2.0%の増加、小型四輪車は26,544台で3,424台・14.8%の増加。軽四輪車は34,908台で2,778台・8.6%の増加。

  3. バス−10,264台で645台・5.9%の減少となり、2ヵ月連続のマイナス。このうち大型は570台で130台・18.6%の減少、小型は9,694台で515台・5.0%の減少。

 5月の国内需要は363,370台で、前年同月比1.2%の減少であった。(うち乗用車304,371台で前年同月比1.3%の減少、トラック58,486台で同0.2%の減少、バス513台で同19.0%の減少。)

 輸出は前年同月比9.6%の減少。(実績)

 また、1〜5月の生産累計は4,208,759台で、前年同期の3,856,919台に比べ351,840台・9.1%の増加であった。
 このうち乗用車は3,592,343台で312,734台・前年同期比9.5%の増加、トラックは559,952台で38,138台・同7.3%の増加、バスは56,464台で968台・同1.7%の増加であった。

●2014.6.30 2014年5月分四輪車生産実績速報

二輪車
 5月の二輪車生産台数は40,844台で、前年同月の36,182台に比べ4,662台・12.9%の増加となり、9ヵ月連続で前年同月を上回った。

 5月の車種別生産台数と前年同月比は次のとおり。

  1. 原付第一種 − 6,749台で 2,416台・55.8%の増加。
  2. 原付第二種 − 1,928台で 358台・22.8%の増加。
  3. 軽二輪車 − 8,692台で 2,307台・36.1%の増加。
  4. 小型二輪車 − 23,475台で 419台・1.8%の減少。

 5月の国内需要(出荷)は32,624台で、前年同月比3.9%の増加となった。(うち原付第一種17,896台で前年同月比2.1%の減少、原付第二種6,501台で同5.8%の減少、軽二輪車4,643台で同40.5%の増加、小型二輪車3,584台で同23.0%の増加。)

 輸出は前年同月比7.7%の減少。(実績)

 また、1〜5月の生産累計は252,627台で、前年同期の227,456台に比べ25,171台・11.1%の増加であった。
 このうち原付第一種は31,061台で2,491台・前年同期比8.7%の増加、原付第二種11,357台で2,235台・同24.5%の増加、軽二輪車は36,222台で5,807台・同19.1%の増加、小型二輪車は173,987台で14,638台・同9.2%の増加であった。

●2014.6.30 2014年5月分二輪車生産実績速報

Copyright (C) Japan Automobile Manufacturers Association, Inc.