JAMA 一般社団法人日本自動車工業会 Englishヘルプサイトマップ  
自工会の概要リリース/会見データファイルライブラリー
ホーム > データファイル > 統計速報 > 生産 > 2014年7月の自動車生産実績

2014年7月の自動車生産実績
>ニュースリリース

四輪車
 7月の四輪車生産台数は894,742台で、前年同月の910,246台に比べて15,504台・1.7%の減少となり、11ヵ月ぶりに前年同月を下回った。

 7月の車種別生産台数と前年同月比は次のとおり。

  1. 乗用車−757,523台で18,481台・2.4%の減少となり、11ヵ月ぶりのマイナス。このうち普通車は436,358台で995台・0.2%の増加、小型四輪車は160,751台で19,469台・10.8%の減少、軽四輪車は160,414台で7台・0.004%の減少。

  2. トラック−123,154台で1,333台・1.1%の増加となり、13ヵ月連続のプラス。このうち普通車は56,231台で1,623台・3.0%の増加、小型四輪車は29,158台で1,605台・5.8%の増加。軽四輪車は37,765台で1,895台・4.8%の減少。

  3. バス−14,065台で1,644台・13.2%の増加となり、2ヵ月連続のプラス。このうち大型は853台で70台・8.9%の増加、小型は13,212台で1,574台・13.5%の増加。

 7月の国内需要は460,260台で、前年同月比2.5%の減少であった。
 (うち乗用車391,375台で前年同月比2.6%の減少、トラック67,859台で同2.0%の
減少、バス1,026台で同14.1%の増加。)

 輸出は前年同月比0.1%の増加。(実績)

 また、1〜7月の生産累計は5,961,014台で、前年同期の5,571,290台に比べ389,724台・7.0%の増加であった。
 このうち乗用車は5,077,472台で342,148台・前年同期比7.2%の増加、トラックは800,814台で44,297台・同5.9%の増加、バスは82,728台で3,279台・同4.1%の増加であった。

●2014.8.29 2014年7月分四輪車生産実績速報

二輪車
 7月の二輪車生産台数は49,832台で、前年同月の45,654台に比べ4,178台・9.2%の増加となり、11ヵ月連続で前年同月を上回った。

 7月の車種別生産台数と前年同月比は次のとおり。

  1. 原付第一種 − 7,119台で 447台 ・ 6.7%の増加。
  2. 原付第二種 − 4,422台で 690台 ・ 18.5%の増加。
  3. 軽二輪車 − 9,039台で 1,648台 ・ 15.4%の減少。
  4. 小型二輪車 − 29,252台で 4,689台 ・ 19.1%の増加。

 7月の国内需要(出荷)は31,702台で、前年同月比12.4%の減少となった。
 (うち原付第一種17,001台で前年同月比8.1%の減少、原付第二種7,234台で同27.7%の減少、軽二輪車4,106台で同9.9%の減少、小型二輪車3,361台で同7.5%の増加。)

 輸出は前年同月比19.8%の増加。(実績)

 また、1〜7月の生産累計は347,127台で、前年同期の309,416台に比べ37,711台・12.2%の増加であった。
 このうち原付第一種は44,867台で3,933台・前年同期比9.6%の増加、原付第二種18,616台で3,990台・同27.3%の増加、軽二輪車は55,166台で7,234台・同15.1%の増加、小型二輪車は228,478台で22,554台・同11.0%の増加であった。

●2014.8.29 2014年7月分二輪車生産実績速報

Copyright (C) Japan Automobile Manufacturers Association, Inc.