JAMA 一般社団法人日本自動車工業会 Englishヘルプサイトマップ    
自工会の概要リリース/会見データファイルライブラリー
ホーム > データファイル > 統計速報 > 生産 > 2014年10月の自動車生産実績

2014年10月の自動車生産実績
>ニュースリリース

四輪車
 10月の四輪車生産台数は816,936台で、前年同月の871,570台に比べて54,634台・6.3%の減少となり、4ヵ月連続で前年同月を下回った。

 10月の車種別生産台数と前年同月比は次のとおり。

  1. 乗用車− 683,978台で60,930台・8.2%の減少となり、4ヵ月連続のマイナス。このうち普通車は397,555台で33,917台・7.9%の減少、小型四輪車は140,404台で28,800台・17.0%の減少、軽四輪車は146,019台で1,787台・1.2%の増加。

  2. トラック−119,728台で3,985台・3.4%の増加となり、2ヵ月連続のプラス。このうち普通車は55,882台で6,206台・12.5%の増加、小型四輪車は27,765台で3,101台・12.6%の増加。軽四輪車は36,081台で5,322台・12.9%の減少。

  3. バス− 13,230台で2,311台・21.2%の増加となり、2ヵ月連続のプラス。このうち大型は1,011台で107台・11.8%の増加、小型は12,219台で2,204台・22.0%の増加。

 10月の国内需要は396,508台で、前年同月比6.0%の減少であった。
(うち乗用車328,331台で前年同月比7.4%の減少、トラック67,233台で同1.3%の増加、バス944台で同15.4%の増加。)

 輸出は前年同月比1.6%の減少。(実績)

 また、1〜10月の生産累計は8,264,068台で、前年同期の7,997,191台に比べ266,877台・3.3%の増加であった。
 このうち乗用車は7,009,584台で207,427台・前年同期比3.0%の増加、トラックは1,135,612台で52,603台・同4.9%の増加、バスは118,872台で6,847台・同6.1%の増加であった。

●2014.11.28 2014年10月分四輪車生産実績速報

二輪車
 10月の二輪車生産台数は56,827台で、前年同月の53,096台に比べ3,731・7.0%の増加となり、3ヵ月ぶりに前年同月を上回った。

 10月の車種別生産台数と前年同月比は次のとおり。

  1. 原付第一種 − 5,847台で 476台 ・ 7.5%の減少。
  2. 原付第二種 − 2,840台で 138台 ・ 4.6%の減少。
  3. 軽二輪車 − 7,889台で 280台 ・ 3.4%の減少。
  4. 小型二輪車 − 40,251台で 4,625台 ・ 13.0%の増加。

 10月の国内需要(出荷)は37,239台で、前年同月比2.9%の増加となった。
(うち原付第一種16,839台で前年同月比5.7%の減少、原付第二種13,971台で同14.8%の増加、軽二輪車3,713台で同3.4%の減少、小型二輪車2,716台で同16.1%の増加。)

 輸出は前年同月比0.5%の減少。(実績)

 また、1〜10月の生産累計は492,667台で、前年同期の452,619台に比べ40,048台・8.8%の増加であった。
 このうち原付第一種は63,555台で2,299台・前年同期比3.8%の増加、原付第二種26,878台で4,610台・同20.7%の増加、軽二輪車は79,821台で6,703台・同9.2%の増加、小型二輪車は322,413台で26,436台・同8.9%の増加であった。

●2014.11.28 2014年10月分二輪車生産実績速報

Copyright (C) Japan Automobile Manufacturers Association, Inc.