JAMA 一般社団法人日本自動車工業会 Englishヘルプサイトマップ    
自工会の概要リリース/会見データファイルライブラリー
ホーム > データファイル > 統計速報 > 生産 > 2014年11月の自動車生産実績

2014年11月の自動車生産実績
>ニュースリリース

四輪車
 11月の四輪車生産台数は743,289台で、前年同月の846,270台に比べて102,981台・12.2%の減少となり、5ヵ月連続で前年同月を下回った。

 11月の車種別生産台数と前年同月比は次のとおり。

  1. 乗用車 − 618,249台で100,884台・14.0%の減少となり、5ヵ月連続のマイナス。このうち普通車は360,165台で35,302台・8.9%の減少、小型四輪車は121,587台で41,409台・25.4%の減少、軽四輪車は136,497台で24,173台・15.0%の減少。

  2. トラック − 114,616台で1,868台・1.6%の減少となり、3ヵ月ぶりのマイナス。このうち普通車は52,590台で3,780台・7.7%の増加、小型四輪車は27,143台で1,102台・4.2%の増加。軽四輪車は34,883台で6,750台・16.2%の減少。

  3. バス − 10,424台で229台・2.1%の減少となり、3ヵ月ぶりにマイナス。このうち大型は842台で5台・0.6%の減少、小型は9,582台で224台・2.3%の減少。

 11月の国内需要は416,139台で、前年同月比9.0%の減少であった。
(うち乗用車339,831台で前年同月比10.2%の減少、トラック75,520台で同3.2%の減少、バス788台で同2.7%の増加。)

 輸出は前年同月比11.5%の減少。(実績)

 また、1〜11月の生産累計は9,007,501台で、前年同期の8,843,461台に比べ164,040台・1.9%の増加であった。
 このうち乗用車は7,627,833台で106,543台・前年同期比1.4%の増加、トラックは1,250,372台で50,879台・同4.2%の増加、バスは129,296台で6,618台・同5.4%の増加であった。

●2014.12.26 2014年11月分四輪車生産実績速報

二輪車
 11月の二輪車生産台数は52,627台で、前年同月の52,718台に比べ91台・0.2%の減少となり、2ヵ月ぶりに前年同月を下回った。

 11月の車種別生産台数と前年同月比は次のとおり。

  1. 原付第一種 − 7,727台で 914台・13.4%の増加。
  2. 原付第二種 − 2,317台で 680台・22.7%の減少。
  3. 軽二輪車 − 6,917台で 1,032台・13.0%の減少。
  4. 小型二輪車 − 35,666台で 707台・2.0%の増加。

 11月の国内需要(出荷)は32,155台で、前年同月比3.1%の増加となった。
(うち原付第一種18,880台で前年同月比1.2%の増加、原付第二種8,509台で同51.8%の増加、軽二輪車2,584台で同29.9%の減少、小型二輪車2,182台で同32.7%の減少。)

 輸出は前年同月比9.1%の増加。(実績)

 また、1〜11月の生産累計は545,378台で、前年同期の505,337台に比べ40,041台・7.9%の増加であった。
 このうち原付第一種は71,366台で3,297台・前年同期比4.8%の増加、原付第二種29,195台で3,930台・同15.6%の増加、軽二輪車は86,738台で5,671台・同7.0%の増加、小型二輪車は358,079台で27,143台・同8.2%の増加であった。

●2014.12.26 2014年11月分二輪車生産実績速報

Copyright (C) Japan Automobile Manufacturers Association, Inc.