JAMA 一般社団法人日本自動車工業会 Englishヘルプサイトマップ    
自工会の概要リリース/会見データファイルライブラリー
ホーム > データファイル > 統計速報 > 生産 > 2015年3月の自動車生産実績

2015年3月の自動車生産実績
>ニュースリリース

四輪車
 3月の四輪車生産台数は878,488台で、前年同月の939,823台に比べて61,335台・6.5%の減少となり、9ヵ月連続で前年同月を下回った。

 3月の車種別生産台数と前年同月比は次のとおり。

  1. 乗用車−740,236台で65,233台・8.1%の減少となり、9ヵ月連続のマイナス。
    このうち普通車は427,346台で3,782台・0.9%の増加、小型四輪車は140,099台で43,185台・23.6%の減少、軽四輪車は172,791台で25,830台・13.0%の減少。

  2. トラック−125,902台で2,741台・2.2%の増加となり、2ヵ月連続のプラス。
    このうち普通車は54,999台で2,488台・4.7%の増加、小型四輪車は32,481台で1,645台・5.3%の増加。軽四輪車は38,422台で1,392台・3.5%の減少。

  3. バス−12,350台で1,157台・10.3%の増加となり、3ヵ月ぶりにプラス。
    このうち大型は1,051台で199台・23.4%の増加、小型は11,299台で958台・9.3%の増加。

 3月の国内需要は695,411台で、前年同月比11.2%の減少であった。
(うち乗用車586,796台で前年同月比11.9%の減少、トラック106,065台で同7.7%の減少、バス2,550台で同3.4%の増加。)

 輸出は前年同月比2.8%の増加。(実績)

 また、2014年度(4〜3月)の生産台数は9,590,644台で、前年度の9,912,403台に比べ321,759台・3.2%の減少となり、5年ぶりに前年度を下回った。

 2014年度の車種別生産台数と前年度比は次のとおり。

  1. 乗用車−8,087,895台で355,483台・4.2%の減少。
    このうち普通車は4,613,278台で104,877台・2.2%の減少、 小型四輪車は1,662,282台で255,409台・13.3%の減少、軽四輪車は1,812,335台で4,803台・0.3%の増加。

  2. トラック−1,364,229台で30,284台・2.3%の増加。
    このうち普通車は612,273台で28,350台・4.9%の増加、小型四輪車は331,222台で18,903台・6.1%の増加、軽四輪車は420,734台で16,969台・3.9%の減少。

  3. バス− 138,520台で3,440台・2.5%の増加。
    このうち大型は9,899台で501台・5.3%の増加、小型は128,621台で2,939台・2.3%の増加。

 2014年度の国内需要は5,297,110台で、前年度の5,692,162台に比べ395,052台・6.9%の減少となり、4年ぶりに前年度を下回った。
(うち乗用車4,453,509台で前年度比7.9%の減少、トラック831,464台で同1.4%の減少、バス12,137台で同3.1%の増加。)

 2014年度の輸出は前年度比3.1%の減少。(実績)

●2015.4.28 2015年3月分四輪車生産実績速報
●2015.4.28 2014年4〜2015年3月分四輪車生産実績速報

二輪車
 3月の二輪車生産台数は50,204台で、前年同月の57,398台に比べ7,194台・12.5%の減少となり、5ヵ月連続で前年同月を下回った。

 3月の車種別生産台数と前年同月比は次のとおり。

  1. 原付第一種 − 6,777台で 351台・ 5.5%の増加。
  2. 原付第二種 − 2,125台で 155台・ 6.8%の減少。
  3. 軽二輪車 − 5,163台で 1,897台・ 26.9%の減少。
  4. 小型二輪車 − 36,139台で 5,493台・ 13.2%の減少。

 3月の国内需要(出荷)は40,495台で、前年同月比25.3%の減少となった。
(うち原付第一種23,467台で前年同月比27.7%の減少、原付第二種8,784台で同10.2%の減少、軽二輪車4,255台で同36.8%の減少、小型二輪車3,989台で同23.6%の減少。)

 輸出は前年同月比1.0%の減少。(実績)

 また、2014年度(4〜3月)の生産台数は576,169台で、前年度の583,209台に比べ7,040台・1.2%の減少となり、2年ぶりに前年度を下回った。

 2014年度の車種別生産台数と前年度比は次のとおり。

  1. 原付第一種 −74,381台で 104台・0.1%の減少。
  2. 原付第二種 −31,391台で 2,714台・9.5%の増加。
  3. 軽二輪車 −88,574台で 4,351台・4.7%の減少。
  4. 小型二輪車 −381,823台で 5,299台・1.4%の減少。

 2014年度の国内需要(出荷)は391,128台で、前年度の438,518台に比べ10.8%の減少となり、2年ぶりに前年度を下回った。
(うち原付第一種214,724台で前年度比12.4%の減少、原付第二種92,042台で同10.6%の減少、軽二輪車47,698台で同10.7%の減少、小型二輪車36,664台で同0.9%の減少。)

 2014年度の輸出は前年度比3.5%の増加。(実績)

●2015.4.28 2015年3月分二輪車生産実績速報
●2015.4.28 2014年4〜2015年3月分二輪車生産実績速報
Copyright (C) Japan Automobile Manufacturers Association, Inc.