JAMA 一般社団法人日本自動車工業会 Englishヘルプサイトマップ  
自工会の概要リリース/会見データファイルライブラリー
ホーム > データファイル > 統計速報 > 生産 > 2015年7月の自動車生産実績

2015年7月の自動車生産実績
>ニュースリリース

四輪車
 7月の四輪車生産台数は841,812台で、前年同月の894,846台に比べて53,034台・5.9%の減少となり、13ヵ月連続で前年同月を下回った。

 7月の車種別生産台数と前年同月比は次のとおり。

  1. 乗用車−707,911台で49,612台・6.5%の減少となり、13ヵ月連続のマイナス。このうち普通車は445,444台で9,086台・2.1%の増加、小型四輪車は142,896台で17,855台・11.1%の減少、軽四輪車は119,571台で40,843台・25.5%の減少。

  2. トラック−121,101台で2,157台・1.7%の減少となり、3ヵ月連続のマイナス。このうち普通車は57,460台で1,125台・2.0%の増加、小型四輪車は29,334台で176台・0.6%の増加。軽四輪車は34,307台で3,458台・9.2%の減少。

  3. バス−12,800台で1,265台・9.0%の減少となり、5ヵ月ぶりにマイナス。このうち大型は1,312台で459台・53.8%の増加、小型は11,488台で1,724台・13.0%の減少。

 7月の国内需要は425,093台で、前年同月比7.6%の減少であった。
(うち乗用車355,892台で前年同月比9.1%の減少、トラック68,141台で同0.4%の増加、バス1,060台で同3.3%の増加。)

 輸出は前年同月比0.4%の増加。(実績)

 また、1〜7月の生産累計は5,492,780台で、前年同期の5,961,122台に比べ468,342台・7.9%の減少であった。
 このうち乗用車は4,618,446台で459,030台・前年同期比9.0%の減少、トラックは791,278台で9,640台・同1.2%の減少、バスは83,056台で328台・同0.4%の増加であった。

●2015.8.31 2015年7月分四輪車生産実績速報

二輪車
 7月の二輪車生産台数は40,795台で、前年同月の49,908台に比べ9,113台・18.3%の減少となり、9ヵ月連続で前年同月を下回った。

 7月の車種別生産台数と前年同月比は次のとおり。

  1. 原付第一種 − 4,156台 3,039台減・42.2%減
  2. 原付第二種 − 3,337台 1,085台減・24.5%減
  3. 軽二輪車 − 9,013台 26台減・0.3%減
  4. 小型二輪車 − 24,289台 4,963台減・17.0%減

 7月の国内需要(出荷)は30,824台で、前年同月比2.8%の減少となった。
(うち原付第一種15,277台で前年同月比10.1%の減少、原付第二種7,849台で同8.5%の増加、軽二輪車4,483台で同9.2%の増加、小型二輪車3,215台で同4.3%の減少。)

 輸出は前年同月比23.4%の減少。(実績)

 また、1〜7月の生産累計は293,510台で、前年同期の347,203台に比べ53,693台・15.5%の減少であった。
 このうち原付第一種は33,172台で11,771台・前年同期比26.2%の減少、原付第二種は18,537台で79台・同0.4%の減少、軽二輪車は39,096台で16,070台・同29.1%の減少、小型二輪車は202,705台で25,773台・同11.3%の減少であった。

●2015.8.31 2015年7月分二輪車生産実績速報

Copyright (C) Japan Automobile Manufacturers Association, Inc.