JAMA 一般社団法人日本自動車工業会 Englishヘルプサイトマップ    
自工会の概要リリース/会見データファイルライブラリー
ホーム > データファイル > 統計速報 > 生産 > 2015年10月の自動車生産実績

2015年10月の自動車生産実績
>ニュースリリース

四輪車
 10月の四輪車生産台数は813,110台で、前年同月の817,080台に比べて3,970台・0.5%の減少となり、16ヵ月連続で前年同月を下回った。

 10月の車種別生産台数と前年同月比は次のとおり。

  1. 乗用車− 689,929台で5,951台・0.9%の増加となり、16ヵ月ぶりにプラス。このうち普通車は432,274台で34,719台・8.7%の増加、小型四輪車は135,603台で4,801台・3.4%の減少、軽四輪車は122,052台で23,967台・16.4%の減少。

  2. トラック−111,492台で8,380台・7.0%の減少となり、6ヵ月連続のマイナス。このうち普通車は49,152台で6,874台・12.3%の減少、小型四輪車は27,942台で177台・0.6%の増加。軽四輪車は34,398台で1,683台・4.7%の減少。

  3. バス− 11,689台で1,541台・11.6%の減少となり、4ヵ月連続のマイナス。このうち大型は872台で139台・13.7%の減少、小型は10,817台で1,402台・11.5%の減少。

 10月の国内需要は380,089台で、前年同月比4.1%の減少であった。
(うち乗用車315,192台で前年同月比4.0%の減少、トラック63,875台で同5.0%の減少、バス1,022台で同8.3%の増加。)

 輸出は前年同月比3.8%の増加。(実績)

 また、1〜10月の生産累計は7,740,008台で、前年同期の8,264,212台に比べ524,204台・6.3%の減少であった。
 このうち乗用車は6,520,260台で489,324台・前年同期比7.0%の減少、トラックは1,103,236台で32,520台・同2.9%の減少、バスは116,512台で2,360台・同2.0%の減少であった。

●2015.11.30 2015年10月分四輪車生産実績速報

二輪車
 10月の二輪車生産台数は46,951台で、前年同月の56,911台に比べ9,960台・17.5%の減少となり、12ヵ月連続で前年同月を下回った。

 10月の車種別生産台数と前年同月比は次のとおり。

  1. 原付第一種 − 6,561台 630台増・10.6%増
  2. 原付第二種 − 2,281台 559台減・19.7%減
  3. 軽二輪車 − 7,672台 217台減・2.8%減
  4. 小型二輪車 − 30,437台 9,814台減・24.4%減

 10月の国内需要(出荷)は34,223台で、前年同月比8.1%の減少となった。
(うち原付第一種15,748台で前年同月比6.5%の減少、原付第二種10,300台で同26.3%の減少、軽二輪車5,496台で同48.0%の増加、小型二輪車2,679台で同1.4%の減少。)

 輸出は前年同月比19.9%の減少。(実績)

 また、1〜10月の生産累計は422,438台で、前年同期の492,751台に比べ70,313台・14.3%の減少であった。
 このうち原付第一種は50,724台で12,915台・前年同期比20.3%の減少、原付第二種は26,162台で716台・同2.7%の減少、軽二輪車は64,628台で15,193台・同19.0%の減少、小型二輪車は280,924台で41,489台・同12.9%の減少であった。

●2015.11.30 2015年10月分二輪車生産実績速報

Copyright (C) Japan Automobile Manufacturers Association, Inc.