JAMA 一般社団法人日本自動車工業会Englishヘルプサイトマップ   
自工会の概要リリース/会見データファイルライブラリー
ホーム > クルマと税金 > 自動車関係諸税
 
 

自動車関係諸税

8兆円にもおよぶ自動車関係諸税収

自動車関係諸税は第1次道路整備五箇年計画がスタートした1954(昭和29)年度に道路特定財源制度が創設されて以来、これまで増税、新税創設が繰り返されてきました。現在自動車には9種類もの税が課せられ、ユーザーは多額の自動車関係諸税を負担しています。2016(平成28)年度の当初予算では自動車ユーザーが負担する税金の総額は国の租税総収入100兆円の8.2%に当たる8.2兆円にもなります。

<資料>

 

 
Copyright (C) Japan Automobile Manufacturers Association, Inc.