JAMA 一般社団法人日本自動車工業会Englishヘルプサイトマップ   
自工会の概要リリース/会見データファイルライブラリー
ホーム > クルマと税金 > 環境対応車に対する軽減 > 表2:「自動車取得税」および「自動車重量税」の減免措置(自動車取得税 平成30年4月1日〜平成31年3月31日 自動車重量税 平成30年5月1日〜平成31年4月30日)

表2:「自動車取得税」および「自動車重量税」の減免措置

乗用車については、対象要件と軽減内容が以下のとおりに変更されます。

自動車取得税 平成30年4月1日〜平成31年3月31日 自動車重量税 平成30年5月1日〜平成31年4月30日

表2:「自動車取得税」および「自動車重量税」の減免措置(自動車取得税 平成30年4月1日〜平成31年3月31日 自動車重量税 平成30年5月1日〜平成31年4月30日)

(1)平成29年度税制改正において、2年間の特例措置として講じられた。ただし、新車新規検査時の1回限りで、軽自動車・ハイブリッド車を除いた乗用車のみの適用。
  (本来、エコカー減税対象外の自動車の自動車重量税は「当分の間税率」適用。)
(2)本則税率が適用された場合の自動車重量税の税額例(車両重量1.5トンの自家用乗用車の場合)
(例)「本則税率」適用の自動車重量税額    22,500円(3年分)
   「当分の間税率」適用の自動車重量税額 36,900円(3年分)

──────

← 「環境対応車に対する軽減」に戻る

Copyright (C) Japan Automobile Manufacturers Association, Inc.