JAMA 一般社団法人日本自動車工業会Englishヘルプサイトマップ   
自工会の概要リリース/会見データファイルライブラリー
ホーム > クルマと税金 > 環境対応車に対する軽減 > 表3:先進安全自動車(ASV)、バリアフリー車両に対する「自動車重量税」「自動車取得税」の軽減措置

表3:先進安全自動車(ASV)、バリアフリー車両に対する「自動車重量税」「自動車取得税」の軽減措置

適用期間:(ASV減税)自動車重量税 2018年5月1日〜2021年4月30日 自動車取得税 2018年4月1日〜2019年3月31日
(バリアフリー減税)自動車重量税 2018年5月1日〜2021年3月31日 自動車取得税 2017年4月1日〜2019年3月31日

表3:先進安全自動車(ASV)、バリアフリー車両に対する「自動車重量税」「自動車取得税」の軽減措置

(1)対象車両は車両総重量3.5t超22t以下のトラック、全重量のバス。バスには、乗車定員10人の乗用の用に供する自動車を含む。12t超のバスに係る特例措置の対象装置は、車線逸脱警報装置に限る。5t以下のバスに係る特例措置の対象装置は、車両安定性制御装置を除く。(2)初回(新車新規検査時)のみ。(3)新車新規登録を受けるもののみ。
注:上記車両がエコカー減税対象車でもある場合、自動車重量税は軽減率の高い減税が優先(同一の軽減率の場合はエコカー減税が優先)され、自動車取得税はエコカー減税、バリアフリー減税、ASV減税のうちいずれかを申告者が選択。

──────

← 「環境対応車に対する軽減」に戻る

Copyright (C) Japan Automobile Manufacturers Association, Inc.