クルマの税金が下がります!2019年10月1日スタート! クルマの税金が下がります!2019年10月1日スタート!
1.自動車税が下がります! 1.自動車税が下がります!

最大4,500円が
毎年減税されます!

2019年10月以降に購入された新車(自家用乗用車〈登録車〉)から、毎年かかる自動車税がすべての排気量で引き下げられます。 例えば2000cc以下のクルマでは10〜15%程度の減税に。2年目以降も同じ税額が適用されるため、保有期間を通じて減税となります。

排気量ごとの税額変化
排気量ごとの税額変化
排気量 現行 引き下げ後
660cc超〜
1000cc以下
29,500 25,000
1000cc超〜
1500cc以下
34,500 30,500
1500cc超〜
2000cc以下
39,500 36,000
2000cc超〜
2500cc以下
45,000 43,500
2500cc超〜
3000cc以下
51,000 50,000
排気量 現行 引き下げ後
3000cc超〜
3500cc以下
58,000 57,000
3500cc超〜
4000cc以下
66,500 65,500
4000cc超〜
4500cc以下
76,500 75,500
4500cc超〜
6000cc以下
88,000 87,000
6000cc超〜
111,000 110,000
2.自動車取得税が廃止 2.自動車取得税が廃止

購入時にかかる税負担(最大3%)が
ゼロになります!

2019年10月の消費税率10%への引き上げにともない、自動車の購入時に課税される自動車取得税が廃止されます。

2019年10月の消費税率10%への引き上げにともない、自動車の購入時に課税される自動車取得税が廃止されます。

自動車取得税 自動車取得税
3.環境性能割が1%軽減! 3.環境性能割が1%軽減!

導入後1年間は
購入時の税金が軽減されます!

2019年10月以降、自動車の購入時に環境性能に応じて課税する 「環境性能割」が導入されます。新車・中古車とも対象となり、省エネ法の燃費基準達成度などに応じた税率が、取得価額に対して課税されます(取得価額が50万円以下は免税)。
なお、2019年10月1日から1年間限定で、税率が1%分軽減されます。

[自家用乗用車] 自家用乗用車 自家用乗用車

※電気自動車、燃料電池自動車、プラグインハイブリッド自動車、天然ガス自動車、クリーンディーゼル乗用車

ここがポイント!環境性能割の臨時的軽減措置(2019年10月1日〜2020年9月30日) ここがポイント!環境性能割の臨時的軽減措置(2019年10月1日〜2020年9月30日)

消費税率引き上げにともない、2019年10月1日からの1年間に購入された登録車(自家用乗用車)・軽自動車(自家用乗用車)について、環境性能割の税率から1%分が軽減されます。

[登録車]
基本税率 臨時的軽減
(2019.10〜2020.9)
非課税 非課税
1% 非課税
2% 1%
3% 2%

(自家用乗用車のみ)

[軽自動車]
基本税率 臨時的軽減
(2019.10〜2020.9)
非課税 非課税
1% 非課税
2% 1%

(自家用乗用車のみ)

さらにエコカー減税、グリーン化特例が延長されています! さらにエコカー減税、グリーン化特例が延長されています!

自動車取得税のエコカー減税は、
自動車取得税廃止(2019年9月30日)まで継続

自動車重量税のエコカー減税は、2年間(2019年5月1日〜2021年4月30日)延長

グリーン化特例は、
2年間(2019年4月1日〜2021年3月31日)延長

10月からの「クルマの税金」はこう変わります!
10月からの「クルマの税金」はこう変わります!
取得段階
自動車取得税 廃止
(自動車税・軽自動車税)環境性能割 1%軽減
消費税

保有段階
自動車税 恒久減税開始
軽自動車税
自動車重量税

走行段階
揮発油税
地方揮発油税
石油ガス
軽油引取税
消費税
取得段階
自動車取得税
廃止
(自動車税・軽自動車税)環境性能割
1%軽減
消費税
保有段階
自動車税
恒久減税開始
軽自動車税
自動車重量税
走行段階
揮発油税
地方揮発油税
石油ガス税
軽油引取税
消費税