TOKYO2020  オリンピック・パラリンピック

2020年東京オリンピック・パラリンピックに向けた取り組みについて2020年東京オリンピック・パラリンピックに向けた取り組みについて

Towerd & Beyond 2020 オールジャパンで創る未来のためのレガシー

イベントレポート

平成29年度「はじめてのタグラグビー教室」

会社名 日本自動車工業会(ヤマハ発動機株式会社)
イベント名 平成29年度「はじめてのタグラグビー教室」
日時 2017年5月31日(水)、6月23日(金)、9月1日(金)、9月4日(月)
場所 袋井市立浅羽北小学校、袋井市立袋井西小学校、磐田市立富士見小学校
主催

公益財団法人ヤマハ発動機スポーツ振興財団

来場者数

284名

実施概要 運動が得意な子も苦手な子も楽しく体を動かすきっかけとなることを目的に、はじめてタグラグビーに取り組む小学生や教員を対象とした「はじめてのタグラグビー教室」をヤマハ発動機(株)スポーツ推進グループの協力のもと直接指導が可能な近隣の市町の小学校を対象として開催しています。(教材提供+直接指導)
平成29年度は全12校で実施予定ですが、6〜9月には袋井市、磐田市の小学校3校において実施しました。
タグラグビーにはじめて触れる中学年の児童を中心に授業を行い、円陣パスや手つなぎタグ取りなどのレクリエーションを楽しみました。地元袋井市も会場となる2019年のラグビーワールドカップの開催に向けた盛り上がりも期待します。
PAGE TOP