TOKYO2020  オリンピック・パラリンピック

2020年東京オリンピック・パラリンピックに向けた取り組みについて2020年東京オリンピック・パラリンピックに向けた取り組みについて

Towerd & Beyond 2020 オールジャパンで創る未来のためのレガシー

イベントレポート

2018投球フォームを考える会

会社名 日本自動車工業会(三菱自動車工業株式会社)
イベント名 2018投球フォームを考える会
日時 2018年1月20日(土) 13:00~
場所 三菱自動車工業(株)水島製作所
主催

三菱自動車倉敷オーシャンズ  名越整形外科 院長 名越 充    

来場者数

195名(参加者内訳:少年野球120名、保護者30名、オーシャンズ選手15名、メディカルスタッフ30名)

実施概要 (1)メディカルチェック <13:00~16:00>
①投球障害、柔軟性セルフチェック 指導、評価
②投球肩・肘障害チェック(超音波診断含む)
③トレーニング指導(各部位ストレッチ、筋力強化トレーニング等)

(2)講 演 <13:30~16:00> ※講演聴講は無料
①スポーツ選手の栄養知識と摂取方法」 <健康体力研究所:横内様>
②「野球検診におけるコンディショニングプログラムの重要性」  <JASA-AT岡山県協議会 内山晃一先生>
③「投球による胸郭出口症候群とは?」 <名越整形外科PT 松下優香先生>
④「姿勢、呼吸、目線の投球動作への影響(投球動作解析)」 <信原病院バイオメカニクス研究所:田中 洋 先生>

野球を行う小学生、中学生を対象に肩や肘などをメディカルチェックし、レベルアップにつながる筋力強化トレーニング、各部位のストレッチなどを指導しました。
また「スポーツ選手の栄養知識と摂取方法」、「野球検診におけるコンディショニングプログラムの重要性」「投球による胸郭出口症候群とは?」等の講義で、親、指導者にも子供たちの健康について学んで頂けました。
PAGE TOP