大型トラック・バス“ご存知ですか?”
車検整備と定期点検整備の違いを!

継続検査とは?

自動車の使用者は、自動車の点検をし、及び必要に応じ整備をすることにより、当該自動車を保安基準に適合するように維持しなければならない。

道路運送車両法 第47条

継続検査とは、ある一定時間毎にその時点での車の状態が保安基準(安全確保・公害防止)に適合しているか、国または国が認めた機関で目視や、計測器等で測定し合否を判定することです。
合格することによって、その時点での保安基準適合性を認め運行はできますが、次の継続検査日までの保安基準適合性(安全性・公害防止)を保証するものではありません。

点検整備とは?

点検整備とは、保安基準適合性を持続させるための予防整備です。車はメンテナンスを前提に作られています。定期的な点検を行い、その結果必要となった整備や部品交換(予防整備)を実施することにより、車両性能を維持することができます。使用者には、日常点検、定期点検が義務付けられており、保守管理責任が法律に明記されています。なお、車の種類、使用状況によってメーカーが指定する点検整備もあります。

詳しくはお車の取扱説明書に記載されていますので、ご覧ください。

点検整備はいつやればいいの?
定期点検 安全の確保、公害防止の観点から、大型トラック・バスは3か月ごとに実施しなければなりません。
日常点検 1日1回運行を開始する前に、点検を行わなければなりません。

クルマの健康診断をしていますか?

 

 1/2 次へ →