jama 社団法人日本自動車工業会Englishヘルプサイトマップ 
自工会の概要リリース/会見データファイルライブラリー
ホーム > AC100V・1500Wコンセント搭載電動車から電気製品への給電に関するご注意について
 

AC100V・1500Wコンセント搭載電動車から電気製品への給電に関するご注意について

一般社団法人 日本自動車工業会

低炭素社会の実現に向けて電動車(HV、EV、PHV、FCV)の普及が進む中、災害時の緊急用電源として利用可能な、AC給電機能が注目されています。
昨今の停電などの非常時にお手持ちの電動車からAC電源を供給し、活用することができます。
今般、弊会では各種電気製品の電源として、電動車のAC給電機能を正しくご使用いただくため、AC給電機能を用いて電気製品を使用する上でのポイントについて取りまとめましたので、下記お知らせいたします。お客様各位におかれましてはご参照の上、特に安全面に十分にご注意の上、ご使用いただきますよう、よろしくお願いいたします。

1. 電動車のAC給電機能とは

電動車のAC給電機能とは、駆動用電池またはエンジン作動により発生した直流電力を車載インバータで交流電力(AC100V)に変換してコンセントから供給するものです。
なお、AC給電機能は、自動車メーカー・車種により異なりますので使用前の確認をお願いいたします。

2. 電気製品の保証について

電気製品は、一般的に電力会社が供給するAC100V、AC200Vの商用電源コンセントに接続して使用される事を想定し設計されています。その為、一般的には、商用電源以外からの給電や車両・船舶などや屋外での使用を想定した製品設計になっておりません。
電動車のAC給電機能は、住宅のコンセントから供給される商用電源とは完全には同じではありません。
従いまして、電気製品を使用する場合、家庭内と全く同じ安全・性能の保証はできません。

3. 電気製品が使用できない場合

次のような場合は大変危険で感電、やけど、発煙および発火、けがのおそれがありますので、電気製品を使用しないでください。

  • アース端子が正常に接続できない場合、アース接続を要求している電気製品は使用しないでください。
  • 走行中は振動・急停止などにより電気製品の転倒・落下・内容物の飛び出しなどのおそれがありますので使用しないでください。さらに、使用しない状態であっても調理機器などに内容物を入れたまま走行しないでください。
  • 粉塵の多い場所や直射日光の当たる場所では使用しないでください。
  • 雨や水のかかる場所では使用しないでください。
  • 水没や浸水した、またそのおそれがある電気製品は使用しないでください。

【使用する電気製品の注意事項】

  • 使用する電気製品の取扱説明書の注意事項に従ってください。
  • 前述のとおり、一般の電気製品の多くは車内や屋外での使用は想定されていません。
    そのため、下記等の問題が発生する可能性があります。これらをご認識の上、ご使用ください。
    • 走行中の振動などにより、故障につながり製品寿命が短くなる可能性があります。
    • 車室内温度および屋外温度は極寒地や炎天下などでは-30℃~80℃となり、作動不良や故障につながる可能性がありますので、車内や屋外に放置しないでください。
    • 水平設置が必要な電気製品は正常に作動しない可能性があります。
  • アース線のある電気製品を使用するときは、近傍にアース端子のあるコンセントにプラグを差し込み、アース線をアース端子に接続して使用してください。なお、電気製品側のプラグ形状と電動車側のコンセント形状が一致しない場合には、電気用品安全法で定められた技術基準に適合した市販の変換アダプターを使用してアース線を接続してください。
  • 車両の状態によっては、一時的にAC給電が断たれることがあるため、医療機器には使用しないでください。
  • 次のような電気製品は正しく作動しないおそれがあります。
    • 起動時の電力が大きい電気製品
    • 精密なデータ処理をする計測機器
    • きわめて安定した電力供給を必要とする電気製品
    • プログラム機能やタイマー機能がある電気製品

【使用する電気製品の消費電力】

  • AC100Vで最大消費電力1500W以下の電気製品を使用してください。許容容量をこえる電気製品を使用すると、保護機能が作動して、AC給電が自動停止します。
  • 複数の電気製品に供給する場合、定格消費電力合計が1500W以下であっても、起動時等に大きな電力を必要とする電気製品が含まれる場合は、保護機能が作動して、AC給電が自動停止します。
  • 定格消費電力が1500W以下であっても、電気製品によっては、電源を投入したときに一時的に大きな電流が流れることがあり、その場合は正常に作動しないおそれがあります。
  • 定格消費電力が大きな電気製品(ホットプレートなど)の中には、コンセントを単独で使うことを必須としているものがあります。その場合、他の電気製品と併用しないでください。
  • 複数の電気製品に給電する場合、その中に電源波形に影響を及ぼす機器が含まれていると、電気製品によっては正常に作動しない可能性があります。その場合は、単独で電気製品を使用してください。

関連リンク

経済産業省・国土交通省