ASV

進化するASV(先進安全自動車)

実用化・普及が進むASV技術

安全な運転を支援する目的で、ASV(先進安全自動車)の研究成果を用い、「安全運転の支援」として、車線維持支援制御装置、全車速域定速走行・車間距離制御装置、衝突被害軽減ブレーキなどさまざまな安全装備が開発・実用化されています(車両安全装備装着状況はこちらを参照)。

実用化されたASV技術の例
1. 車線維持支援制御装置

車両の前部に設置したセンサー(カメラ等)で進路を検知し、道路の傾きや横風によって進路が乱れた場合でもハンドルに補助的な力を与えること等で車線のほぼ中央を走れるよう、ハンドル操作を支援するシステム。

車線維持支援制御装置 図
2. 全車速域定速走行・車間距離制御装置

車両の前部に設置したセンサーからの情報によって、設定した車速に応じた車間距離を一定に保つようブレーキ制御または速度制御するシステム。

全車速域定速走行・車間距離制御装置 図
3. 衝突被害軽減ブレーキ

前方の車両や障害物との距離、相対速度などの情報をもとに衝突の危険性を判断し、ドライバーに注意喚起をする。ドライバーがブレーキ操作を行わず、追突する可能性が高いと判断した場合はブレーキを作動させるシステム。

衝突被害軽減ブレーキ 図

「安全運転サポート車」の普及啓発

経済産業省・国土交通省・警察庁・金融庁や自動車関係団体では、高齢運転者を含めた全ての自動車運転者による交通事故の発生防止・被害軽減対策の一環として、衝突被害軽減ブレーキなどの先進安全技術を活用した一定の運転支援機能を備えた車両を「安全運転サポート車(サポカー)」と称してその普及に取り組んでいます。

安全運転サポート車 Ver1.0のコンセプト
安全運転サポート車 Ver1.0のコンセプト 表

※1.マニュアル車は除く。 ※2.車線維持支援装置でも可。 ※3.自動切替型前照灯、自動防眩型前照灯又は配光可変型前照灯をいう。 ※4.作動速度域が時速30km以下のもの。

ページトップへ